EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< YES!コーク!YES! | TOP | なんだか気が抜けたよな >>
JUDE「Electric Rainbow Tour」@DRUM LOGS
Electric Rainbowというアルバムを引っさげてのこのツアー。私は少なからず心配して
いましたよ。このアルバムどうなの?そんなアルバムを中心にやるツアーってどうなのよ?
でもずっと聴いているうちに「?」ってのも気にならなくなり、正確に言うと気にしなくなり
嫌いな部分は無視。例えば「パリーン」は無視。「パンちょうだい」とかはもう笑える
ようになったし。「ヘイ!」とかは一緒に言っちゃうし。とにかくまぁこのライブ
最高に
楽しかったんでございます。今年ってまだコレ!っていうアルバムがあまりない代わりに
コレ!っていうライブがたくさんあって、その中でも上位の、もしかしたら1番かもしれない
ってくらい楽しかった。隣のバカップルがいなかったら間違えなく一番だったよな。

そんな訳でJUDEのライブ。「かぴやまさん、またっすか?」そんな職場の呆れた声を背に受けて
早々と退社。踊る気満々の服に着替えてロゴスへ自転車を走らせる。もちろんJUDEを聴きながら。
Electric Rainbowの中の「ROCK SHOW」という曲の1節「大好きな曲やってくれるかな?」
まさにそんなドキドキ感でいっぱいだ。

ロゴスに到着するとROSSOもLOSALIOSも適わないほどの凶悪な(そうに見える)人達が
たくさんいて腰がひける。多分凶悪そうに見えたのは非常に多くの人がJUDEグッズを身に
つけているからであって、凶悪というよりは信者が多かったように思う。こんな所で
曲の事とか笑ったら殴られそうだ…。でも全然言うけども(笑)

たくさんの信者にゴメンナサイな57番というなかなか素敵な番号でLOGOS内部へ。
意地で一段目ベンジー前をゲット。あのマイクの前にベンジーが立つと思うだけで
「いや〜ん」私もかなりのベンジー信者なのであった。しかし野郎が多いので段の上で
あろうともベンジーが見えるか不確定。もし全然見えないようならもう前に突っ込んでしまえ
という気持ちで待つ。ベンジー話に花が咲きすぎて止まらずあっという間に開演時間。

お決まりの太陽がいっぱいの主題歌でJUDEメンバー登場。一気に盛り上がる客席。前方に
押し寄せる客。ビックリした。段の上でこんなに押された事はない。段の上はマッタリと
見る人用だと思っていたのよね。しか〜し、そうではなかった。段の上も戦場だったのだ。
しかもこの戦場の敵は後ろだけでなく前からもやってくる。ダイバーがやってくる。
ダイブ
をする為の足がかりにしようと段に上ってくるのね。後ろの人が前に来るのを背中で
阻止しつつ、前のダイバーが段に上らないように両手で押す。何なんだ、この体力の無駄な
消費は…段に上らないように阻止しようとしたのにバカップルが…彼女を抱きかかえた
バカ男が…。戦ったけどダメでした。結局諦めてお譲りしたけどそれからも腹の立つバカップル。
でももう無視。ベンジーに集中。いつものバラのシャツですよ。胸キンですよ。はぁ今日も
テネシーが光っている。音もキラキラ。たまに見えるギターをつま弾く指先に見とれる。
Rock Showの最初がヒロシのピアノで、それから圭一さんとベンジーが指を鳴らす。
それがカッコ良くてうっとりしてたら客席の何人かも鳴らし始めて、それがもうおっかしくて
「あんた達参加してんじゃないよ!」絵になるほどライトに照らされてやんの!こんな映画
あったら絶対見ない!ってくらいの絵になりようで…Tさんと笑いを堪えるのに必死だった。
信者おそるべし!後半のDICK DEE→ロシアビリー→カリブの海賊の宴会→DEVIL辺りの
流れはやっぱりマストですね。カリブでは練習の甲斐もあり「テキーラ!!」もバッチリ
(んなもん練習すんなと)いや〜カリブはやっぱりだわ。この辺りでもうまた再び戦場と
化しまして、前後の敵と戦いつつ踊る。

アンコールは「本当の世界」から。しみる…。さっきまで暴れていた客席も静まり返る。
ベンジーの歌は世界の出来事を悲しみつつもいつも希望に満ち溢れた世界に満ちていて
それがあの声とギターの音と混ざり合って心にしみるんですね。止められないね…。
それからブラックホールと最後はチキチータ。この2曲はベンジーのお気に入りなんだろうな。
確かに盛り上がるし、私も大好き。ヒロシがギロを取り出し、圭一さんとベンジーが楽器を
抱えてモニターに足を掛けたら始まりよ。最後だと思った客席は、最後の力を振り絞り
今まで頑張って踏ん張っていた私を激しく突き飛ばした。初めて段の下に落ちた…。
落ちちゃったよ!チキチータでのあの部分でジャーンプするのが最後の楽しみだったのに
落ちちゃったよ!とほんの一瞬呆然としたが落ちてしまってはしょうがない。前に行く
しかないでしょ!って事で今まで溜め込んだ力と日頃の?身長の低さを最大限に利用して
暴れ狂う野郎どもの間をするするとすり抜けて4列目くらいまで。それからは押されようが
引かれようがチキチータを堪能。キャー、ベンジーが!憧れのベンジーがこんなに目の
前に!ライトに照らされて、神々しいし、セクスイだし、楽しそうに時々笑ってるし。
それを見たらテンションが振りあがってもみくちゃになりながらも周りと一緒にジャンプ
してチキチタブー♪と叫んで、拳を上げて…やり尽くした…最高。この達成感は何事にも
代えられない。たまらん…。3人がいつものように手をつないで挙げてステージを後にした。
客席の「終わった〜」っていう達成感と寂しさで3回を見上げると、ベンジーもヒロシも
圭一さんも
顔を出してくれてまたみんながウォーとなる。それから一時みんなそこを動かなかった。

スカパラ以来の…いやそれ以上の汗だく、ヘロヘロ状態。ジンジャーエールを一気に
流し込み着替える…着替えに持ってきたTシャツを間違えた…。タンスの一番上にあった
もので…それにしても何故にロザリオスTシャツを持ってくるかな。まぁとにかく着替えても
汗は止まらず、そのまま例のラーメン屋さんでラーメン。ウマ〜イ!三ヶ月も店長に
借りていたモノをやっと返す。ほんとに長い事すんません…面白かったです。バンド
頑張って下さい。

半分笑える曲でも昔よりもギターが下手でも声が出ていなくても毎度おなじみのMCでも
やっぱりステージ上のギターを持ったベンジーは何よりも美しくカッコ良いと思う。
それだけで、いいや。それだけで充分でしょ。また今度はシャーベッツで。

曲は覚えていないが多分こんな感じ?

毒りんご売り
Bad Girl
愛のchupa chaps
ブラックレストラン
冷麺
Diduri Didura
チェリーソーダ
ミニカーで遊んだ思い出
Silvester & Jonny K
シャンプー
Rock Show
海水浴
恋のサブマリン
Silk
DICK DEE
ロシアビリー
カリブの海賊の宴会
DEVIL

本当の世界
Black Hole
チキチータブーツ
LIVE05 | 23:07 | author かぴやま | - | -