EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< 明日でついに俺の夏2005が終了ですよ | TOP | エレクトリックのレインボーで胸を撃ち抜いてよ >>
SunSet Live2005 AFTER PARTY @BEAT STATION
ビートステーションはできたばかりの新しいライブハウス。薬院から徒歩1分。高架下に
地味に建っていた。中に入ると新しい建物の匂いがして、客席の広さも悪くない。キャパ
500だと聞いている。しかしこのお客さんの少なさとオサレ風味な感じがなんとなく
所在なく端っこの方に4人で固まって開演を待つ。

武骨サプリメント
地元のジャムセッションバンド。キーボードとアップライトベースとドラムの3ピース。
かっこいいくてオシャレな音。ベースが時々バチバチいって気になったけど悪くない。
MCがラジオのDJみたいで若干寒いのと最後の曲で「宜しかったら手拍子を…」と言って
おきながら、どんなリズムで手拍子をすれば良いのか分からない微妙な曲だった以外は。

髭楽団
ハイ、もうこれだけを見に来たので、何を置いても一番前で。ステージ上でサウンド
チェックをするメンバーを見ながらTさんが言った一言からバカな話で盛り上がる。
「髪薬団」やら召し上がれギャルやら…笑い疲れて髭楽団の出番。
恒例の「sing sing sing」日本語バージョンの出囃子でメンバー登場。一年待ったよ〜!
私の前には髭がみつ編み、アルトサックスのストラップが鎖なリーダーのクラッカーさんと
何となく優しげな男前テナーのバッキンさん。一曲目からモンキーダンス全開の曲。
たんのし〜!フリフリもやったし、たんのし〜!来年は絶対サンセットで!ビーチステージで!
…小さいステージの方が盛り上がるじゃん!

F.I.B JOURNAL
髭楽団が終わって髭の皆さんに5人で乾杯。サンセットで撃沈しているのに反省もせず
氷結を飲む。氷結を飲みながら、後ろの方でF.I.B JOURNAL。東京からお越しのボーカル
&ギターとウッドベースとドラムの3ピース。ジャンルで言えばなんなんだろ?ブルース
とか?良く分からないけどカッコ良かった。ベースの人の髪型がベンジーみたいで、
ちょうどベンジー熱真っ盛りのTさんと「ベンジーはベースを持ってもカッコイイねぇ」
なんて言いながら笑う。いや、でもほんとにベースもカッコ良かったし、ドラムの音も
めちゃくちゃカッコ良かった。特にベードラの音が好き。でも酔っ払ってきたので
夜風に当たるべく、残るというOちゃんを置いて4人で外に。途中Tさん達は髭楽団の方達と
なにやら談笑。私は何だか怖くて遠慮。ロッカーのところでうずくまる。ヤバイよ、
まだ12時回ってないのに眠くなった来たよ。

カセットコンロス
楽しそうなリズムに導かれて再び中へ。コンロス=夏という感じ。途中もうバスがなくなる
Sさんとお別れ。今度はいつだろうねぇ…スクービー?中に入ると暑くてまたお酒が
回ってきた感じ。フワフワでなんか楽しいぜ!音に身を任せて踊る。暫くしてAちゃんと
TさんとOちゃんも戻ってきて笑いながら踊る。コンロスは途中黒人のボーカリストを
呼び入れて、トラヴェラーズの定番曲をやるもんだから、これまた大いに盛り上がる。
コンロスは確か去年のサンセットライブ2日目のパームのトップバッターだったんだが
いかんせん暑過ぎてちょっとだけ見て、すぐ海に避難しちゃったものだからじっくり
聴くのはこれが初めてだけど、カリプソというジャンルだけではなくて色々なテイストの
曲をやってました。かなり好きかも。正確に言うとカセットコンロスじゃなくて+αな
感じのバンドらしいので一概には言えないかもしれないけど。来年は再びサンセットで。

FRISCO
時間はもう0時を回りまして、眠たいやら酔っ払っているやらでますますフワフワ。
そこにFRISCO。かなりムードメイカーズ寄りなサウンド。ゆるくて、優しくて良い感じ。
しかしあまり記憶になし。

Majestics
もう限界です!という眠たさでMajesticsです。こちらも確か去年のサンセット3日目に
見て、あまりに暑くて途中棄権してちょっとしか見てないバンドです。沖縄のオーセン
スカバンド。MCの沖縄弁もあいまって、ゆるゆる。途中1曲一番後ろで座り込んで寝て
しまったくらい気持ちが良い音。しかし限界でアンコールは聞かずに帰る。

あぁ夏が終わったなと切なくなる午前3時。


LIVE05 | 23:59 | author かぴやま | - | -