EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< The Miceteeth 「from RAINBOW TOWN tour」@CB | TOP | カレーの王女様と呼ばれるその日まで >>
Musical Baton
数日前にMighty Shine,Mighty RhythmJoさんから
「Musical Baton」という企画が回って参りました。
音楽好きなアメリカのブロガーが始めた、音楽に関する質問に答えて次の人にどんどん
回していくって企画らしいです・・・えっ5人も回わさないといけないんですか?絶対無理です。
元々ほとんど他の方のブログも読んでないし、ウダウダしているうちに読ませて
もらっている方のところは全部回ってるみたいだし、唯一の頼みの綱だったSさんにも
「いやっ私はイイです!」と昨日の勝手にしやがれの時にキッパリ断られた(笑)
のでスイマセン・・・ココでストップしても良いですか?一応質問には答えさせて頂きます。


■今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
Total volume of music files on my computer


0GB
スイマセン・・・アナログ人間でスイマセン。PCではほとんど曲を聴かないので。
PC半分壊れてるし、ipodも持ってないし、Windows98だし・・・(笑)

■今聞いている曲
Song playing right now


The Miceteeth の「あいのけもの」・・・「from RAINBOW TOWN 」の3曲目。
マイスティースのライブが終わってレポを書き終え、カレー作りをやりつつ
この質問を考えつつ聴いています。このアルバムは凄く短いのでもうこの曲も
さっきから3回目です。現在午前1時過ぎ。バターで炒めたタマネギの甘い香りと
次松君の声が混ざりあい私を夢の世界へいざないます・・・おっタマネギ焦げとる!

■最後に買ったCD 
The last CD I bought

The Miceteeth 「from RAINBOW TOWN 」
6/14にタワレコのポイントで買いました。ライブまでに5日間しか聴けなかったっす。
タマネギをちょいと焦がしてしまうくらい素敵なアルバム。
現在6/22に発売のJUDEの「Electric Rainbow」を買おうかどうしようか迷い中。
まぁ一応レインボーつながりって事で・・・特に意味はないんですけど。

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me


思い入れのある曲・・・ないですねぇ。思い入れってほどの思い入れ・・・ないなぁ。
例えば思い入れって何なんだろうと考えてみたんですが
「昔、彼の車の中で良く聴いていた曲・・・」とか・・・そんな思い出もないし
(かわいそう・・・私ってかわいそう)
「私の運命を変えた1曲!」とか・・・そこまで大げさな人生も歩んできてないのでこれもないし
と案外真面目に考えてしまうかぴやまさんですがここはひとつ普通に好きな曲っつー事で。
人生を変えたってほどでもないけどちょっとだけ人生を変えたかもしれない曲を5曲挙げてみます。
おっ!というかもうこの質問はブログのプロフィールの中に書いてあるじゃんねぇ。
ではそちらをご覧下さい!って訳にもいかないので改めて書いておきます。

☆「手紙」  奥田民生
充分分かっているのに奥田民生ってやっぱり歌が上手っ!思う曲
ライブで必ずウルッときてしまう。「あ〜〜〜」っていうゴリ押しなところがめちゃくちゃカッコ良くて
それでだけで泣ける。声だけで泣ける。民生さんには珍しいラブソング・・・なのかな・・・超名曲。
他の人がこの歌を歌ってもあんまり感動しないと思うけど、民生さんが歌うから名曲。
アルバム「股旅」より

☆「Endless Summer Nude」  真心ブラザーズ
何度も言うけど世界一大好き。多分ずっと大好き。自分の求めるものが全部詰まっている曲。
曲の疾走感と歌詞の切なさとヨーチの声とホーンとコーラスと・・・完璧。
「はしゃぎすぎてる夏の子供さ・・・」すごい歌詞だと思う。
真心のおかげでスカパラにも出会えたし・・・そういう意味でも特別かなぁ?
アルバム「I Will Survive 」より

☆「Skarada」  東京スカパラダイスオーケストラ
昔からちょっと興味があったスカパラですがいつもなんだかスルーしていて
2000年の真心とのイベント「Stand!」に行くに当たってとりあえず曲を聴いてみようと
当時一番新しかった「FULL-TENSION BEATERS」を購入。の4曲目が「Skarada Dub」
当時黄色いスーツのコミックバンド的なイメージしかなかった為とにかく全部の曲が
クールでカッコ良くて驚く。特にこの曲が非常に切なくてカッコ良い!と聴き込んでライブに出掛けて
NARGOさんに一目惚れしました。ピアニカってこんなに素敵な楽器だったんだ!って思いました。
そしてこれが青木さんの事を思ってNARGOさんが作った曲だと知ってますます特別な曲に。
現在のスカパラ狂いの原点の一曲です。
アルバム「FULL-TENSION BEATERS」より

☆「Sha-La-La」Rocking Time
スカパラでSKAに出会って、ロッキンでロックステディーという言葉を知った。
あっでもこの曲はロックステディーじゃなくてSKAだと思います・・・多分。
(いまだにSKAとロックステディーの境があまり分かっていない私)
優しくって踊れる。疲れた時とかによく口ずさんでます。「Sha-la-la-la-la-la-la」
アルバム「Rocking Time」より

☆「25才」堂島孝平
皆さんが「イイ!イイ!」って言うけど堂島君ってそんなにイイの?
スカパラの大森さんがついて来るならちょっと行ってみようかしら?と
出掛けたキャナルシティーの無料イベント。声とか曲の感じが全部ツボだったんですが
特に「25才」は当時25才だった私の胸にど〜んと突き刺さる曲でした。
それから25才じゃなくなった今でも時々私を勇気付けてくれる曲。
ちなみに去年は堂島君のライブでこの曲を聴いたの次の日に「仕事を辞めます!」と
上司に言いました。踏ん切りをつけてくれたって意味では人生をちょっと変えたかもしれない。
ベストアルバム「Djkh Calendar 」より


以上です、ありがとうございました。おかげでタマネギがかつてないほどに素敵に炒まりました。
2時間近く炒めたもんで。でも本当にスイマセンです・・・止めちゃって。
コレを見ていて答えたい!って方がいたらお申し付けください!
(それだと企画が違う方向に向かうし、きっと1人もいないと思うけど)

さっタマネギも炒め終えたしそろそろ寝るかな。
明日はちょっと早起きしてカレーを煮込みに入らないとね。
QUESTION | 02:58 | author かぴやま | - | -