EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< とうきょうたびじゅう。 | TOP | とうきょうたびじゅういち。 >>
りんだりんだりんだ。
1本だけ観終わった。
『味園ユニバース』の山下敦弘監督の作品。
タイトルからブルーハーツ絡みなので
『味園ユニバース』の前から観たくて
『味園ユニバース』を観終わったあとも
観なくてはと思っていたのだけれど
随分と後回しになった。

ストーリー的にはまぁありふれた
文化祭でバンドをする女の子達の話。
文化祭のステージまで3日しかないのよ。
たった3日しかないのに。
ダラダラとした会話とかばかりで
特に何も起こらない。
意味があるのかないのか分からない会話。
いきなり怒り出す香椎由宇。
何も起こらないダラダラや意味のない苛立ち。
それが青春って感じがする。

『味園ユニバース』もそうだったけど
山下監督ってホントに音楽好きなんだなぁ。
てのが分かるのよね。
ベース担当の子がBase Ball Bearの人だった。
あと香椎由宇ちゃん演じるギター担当の恵が
寝落ちして夢を見るのだけど
そこにラモーンズさんとピエールさん
ってのが出てくるのだけど。
多分コレは恵が好きなアーティストなんだろうな。
ラモーンズはもちろん偽物だけど
ピエールさんはまさかの本物のピエール瀧w
手を振るだけの本人役で登場www
タイムリーだわぁ。
あとあと時間がないから夜の学校に忍び込んで
4人で練習するシーンがあるのだけど。
それに気付いても注意をしない
理解ある先生役をヒロトの弟の甲本雅裕さんが
演じているところも胸熱だわぁ。

青春って良いよね。
音楽って良いよね。
ブルーハーツって最高よね。
っていう映画。
好き。

あとピエール瀧さんだけじゃなくて
小出恵介さんも出てた。
なんか凄いなぁって思う。
ちなみにこちらは別に問題は起こしていないから
並べて書くのはアレなんだけども
主人公のソンさんに告白する男の子が
若かりし頃の松ケンだった。
ちょい役もちょい役。
香椎由宇ちゃんがオダギリさんと結婚してて。
松ケンが小雪さんと結婚してて。
瀧さんと小出恵介は捕まった訳なのよね。
2005年の7月公開だから14年前の作品かぁ。
まぁ人それぞれ何かしらあるよね。
と思う平成の終わり。



評価:
山下敦弘,向井康介,宮下和雅子
バップ
¥ 2,580
(2006-02-22)







映画 | 01:30 | author かぴやま | comments(0) | -
コメント
コメントする