EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< へあすぷれー。 | TOP | よつば。 >>
おんざみるきーろーど。
最後の1本。『オン・ザ・ミルキーロード』
私の好きな映画ベスト3に入る『黒猫白猫』
そして有名な『アンダー・グラウンド』の
エミール・クストリッツァ監督の
9年ぶりの新作との事。
何だかんだ色々あった末の愛の逃避行の話。

わぁめちゃくちゃクストリッツァ監督!
クストリッツァ監督濃度120%!
主人公も監督自身だしな。

前半の結婚式のところとか『黒猫白猫』!
全体的に悲劇で人も動物も無残に死んで行くのに
コメディ部分もあるしファンタジーな部分もあるし、
ノースモーイング・オーケストラの
勝手に身体が動いてしまうサウンドもあるし、
出演者が全員個性的なのもあるから
何だか、生きるパワーに溢れている。
終始わちゃわちゃ奇想天外。
明日も頑張ろうと思えるし、
どんな悲惨な状態でも音楽がある!
て思える映画。
やっぱり、この監督好きだ。


評価:
エミール・クストリッツァ,パウラ・ヴァッカーロ,アレックス・ガルシア,ポリーナ・ゴンサレス,ギジェルモ・アリアガ
キングレコード
¥ 4,666
(2018-04-11)

映画 | 15:44 | author かぴやま | comments(0) | -
コメント
コメントする