EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< はじまりのうた。 | TOP | ちくたま。 >>
りめんばーみー。
水曜日なので映画でも観に行こう。
と1週間ぶりに外に出てみたのだ。
しかし、ダラダラと時間ばかりが過ぎて
ようやく1時過ぎに出発。
映画の時間も調べずに博多駅に到着してみたら
『リメンバー・ミー』上映開始の10分前。
吹替だけどまぁ良いかと慌ててチケットを購入。

『リメンバー・ミー』凄い!
ディズニー凄い!
ピクサー凄い!
泣き過ぎて気分が悪くなった。

ディズニーのいつもの音楽が
ラテン調になっていて「そこから?」っていう。
細かいところまで手が行き届く。
少しでも観ている人を楽しませようとする心意気。

ストーリーがほんとに良く出来てるし。
ストーリーに沿ったそれぞれのキャラクターの
動きも素晴らしい。
色もカラフルでキレイ。
特に死者の国の輝く光がとてもキレイ。
楽曲も素晴らしい。
来週、もう一回観たいかもしれない。
博多のTジョイは明日までみたいだけども。

ただ一つだけ。
家族は本当に大切なんだけど
叶えたい夢を捨てなくちゃいけない程
大切にする必要もないんじゃないかと思うの。
叶えられなかった夢を
家族のせいにして生きるコトは不幸だと思う。
…冷たいヤツでゴメンなさい。
音楽が好きだから、最初に全否定されて
胸が苦しくなってしまったのだ。
結果、やっぱり音楽って素晴らしいな!
ていう話だったけども。

あと、エンディングで流れる
シシドカフカ×東京スカパラダイスオーケストラの
『リメンバー・ミー』なんですけども
ギムラさんと青木さんを亡くしたスカパラさんと
佐藤さんを亡くした欣ちゃんが演奏する
『リメンバー・ミー』…泣ける。
悲しいけれど良く出来た話だ。

お別れだけど忘れないで


あと、同時上映のアナ雪の短編も素晴らしい。
お馬鹿で優しくて前歯が出ているオラフが
いつも安田さんに見えてくる。
安田さんに見えて来るからオラフの優しさに
終始涙。
そして松たか子さんと神田沙也加ちゃんの歌声に涙。
しかし、この短編は長いと不評らしい。




映画 | 23:11 | author かぴやま | comments(0) | -
コメント
コメントする