EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< 鍋の美味しい季節到来。 | TOP | Aコン完全再現カラオケ大会 >>
WEAR RED SHOES! vol.6@voodoo lounge
7時半過ぎにY邸をあとにして
Aっちに車で送ってもらい8時過ぎに天神到着。
9時前にOちゃんと合流したのだが
9時キッチリには始まらないだろうという事で
1時間ばかりカラオケ。
明日のカラオケにOちゃんも誘ったのだが
さすがにキツいと不参加の為
Oちゃんの十八番、少年隊の『まいったネ今夜』を歌ってもらった。
あのJAZZYなリズム、小粋な歌詞(笑)・・・名曲です。

10時過ぎにvoodoo loungeへ。
 ちょうど1組目が始まるところでした。

東京にあるあのRED SHOESのイベントツアーです。
わざわざ福岡まですいません。

Flying Humanoid
たぶんめちゃくちゃ若いんだと思う。
見た感じでいうと高校生といってもおかしくないくらいだったが
MCで「高校時代はミッシェルしか聴いてなくて・・・」と言っていたので
もう少し上だと思うのだが、それでも多分若いはず。
さすがにミッシェル好きなので嫌いじゃないサウンド。
1曲目はベンジーっぽさを醸し出したかったに違いない曲だったし。
少々チューニングなのかギターの腕なのかは分からないが
ベンジーには遠くおよばなかったけども。
ただこのメンツと一緒に出演出来るって事は将来のあるバンドなんだろうし
出演したことは今後の自信にもつながったと思う。
MCがつまんない上に長いところをどうにかすればきっと良いバンドになるはず。

hot spring
こちらも多分ハタチそこそこのバンドだと思われ。
ただもうこちらは登場から胸ズキュンでした。
わっもう私絶対大好きだ!と思った。
やっぱりロックはハッタリかましてナンボなので
タダ者じゃない雰囲気をどう出していくかってのはとても大事な事。
そして音もやっぱり間違えなく大好きでたまらんかったっす。
1音出した時にもう「キターーー!」ってOちゃんと顔見合わせたもの。
お金を持っていたら多分CD買ってたくらいグッときた。
ラモーンズとかブルーハーツとか好きな人達なんだと思う。
そして私もブルーハーツが自分のロックの原点なので・・・LOVEです。
お金に余裕が出来たらCD買いに行こ。

あっそうそう、ステージ転換の時のDJは敷島親方だったっす。
色々な現場でお出逢い致しますわね。
そしてそのたびにキラーチューンばかり回すので大好きです。
今回でいうとCharの『闘牛士』・・・特に燃えた。

武藤昭平 with ウエノコウジ
武藤さんは福岡出身なもので「お帰り!」の声多数。
しか〜し、悔しいです!カッコ良過ぎて悔しいです!
だってさぁ、まず武藤さんってドラム叩く人じゃないっすか?
なのにギターもあんなに弾けるなんてさぁ、ズルくないですか?
そしてウエノさん、レディキャロを休止して諸々やってるけど
どうせこのユニットも片手間なんでしょ?と思ったのだが
アコースティックベース・・・思ってた以上にカッコ良くて
レディキャロファンとして非常に悔しいっす。
そして2人ともそれぞれのバンドよりも自由で楽しそうだったのも印象的。
片手間っていえばやはり片手間だからというのと
ハコが小さいってのもあるんだろうけど、ホント楽しそうで。
キャロの時とか絶対一言も喋ってくれなかったのに
お客さんの「ウエノ!」にも何回か答えてたし・・ 悔しいです。
まぁそれは置いておいてホントにカッコ良いのね。
あのスペイン風ギター・・・好きなの。
タワレコ限定で出した曲とか勝手の曲もやってくれました。
ただほんのちょっとだけクハラさんも来るのかな?
って思ってたのでちょっとだけガッカリ。

そうそう、なんか武藤さんの知り合いみたいなオジサンが
前どうぞ・・・って前の場所を譲ってくれて
私達も相当前に行かせてもらったんだけども。
で、そのオジサンが私の2個横くらいに立っている感じでライブがスタート。
途中で横をふと見たら刺青の腕が見えたので
「オジサン上着脱いだんだな。やっぱりお知り合いもファンキーなのねぇ」
って納得してまた一時武藤さんの素敵な歌声に耳を傾けていた。
しかしそのオジサンがやたらと奇声を発して盛り上がっていたので
「もりもり盛り上がっとるな、オジサン。酔っ払っとるのかな?」と覗き込んだら
オジサンじゃなくて達也さんでした・・・。
あぁ通りで・・・ってかいつでも自由だな達也さんは。
横の男の子が倒れそうなくらい興奮してたのを見て私もニヤけてしまった。

OUT OF HEGHTS
セッティングから達也さんがステージへ。
まだ開始まで時間があるだろうからとトイレに行ったのだが
手を洗っている最中に「ケンザブロー!」という声がしたので走っていく。
キャー!!!顕さんじゃないっすか!!!
セッティングの時間を利用して遊びに来ていた顕さんと達也さんのセッション。
ピンクシャンパンとかスーちゃんとかやってくれました。
ちょっと!ミニ日の出食堂じゃないのさ!
エゾで見れなかったから嬉しかったです。

顕さんがはけてステージには達也さんとモーサムの百々さんとTatsuさん。
あれ?邦さんは?あとで出てくるのかな?と思いながらも演奏開始。
やぱしどうして・・・毛穴と血管が開くカッコ良さです。
出てくる音が、リフが、リズムが全部カッコ良いのね。
この自由で攻撃的なセッションを聴くと藁の上で寝転がりたくなる(エゾ仕様)
途中Tatsuさんに代わって特別ゲストRIZEのkenkenが登場。
申し訳ないくらいRIZEに興味がないもので、
ちゃんとkenkenを見たのが初めてだったのだが
何か凄い・・・佇まいとかベースの腕とか、諸々凄い人だな。
んで結局邦さんは登場せず・・・。
半分くらいは邦さんのサックスを聴きに来たようなものだったので残念。
ではあったが、今年エゾで達也さんを
1回も見れなかったという心残りが払拭出来て良かった。

終わってドリンクを取りに行ったら武藤さんがDJブースへ。
マイコーとか諸々踊りながら回しておりました。
2時過ぎまで武藤さんのDJを聴いていたのだが
さすがにWiiのやり過ぎと高いヒールのせいで限界だったので退散。

迷ったけどやっぱり来て良かった。
新しい素敵なバンドにも出会えたし、カッコ良い音に満たされたし・・・。
ホントに良い夜だった!!!
LIVE09 | 05:00 | author かぴやま | - | -