EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< ヤバす!!!!! | TOP | 銀週間 2日目 >>
ARASHI Anniversary Tour 5×10 in 福岡ドーム
音楽好きとしては一度は踏み入れたかった領域についに入ってみた。
そして早くも抜け出せない予感・・・。
今回は伏字をやめてちゃんと書こうと思うのだが
いかんせん2週間くらいで曲を聴きまくって参戦した初心者ゆえ
長年のファンの方のようには細かく書けないと思うし
(大体あのトロッコみたいなヤツの正式名称は何なの?ってレベル)
ファンの方からしたら少々失礼な表現もあるかもしれないのですが
(なんつーかMJがホントに苦手で申し訳なす)
初参戦での今まで行ってきたライブとの違いや
それに対する驚きとか感動を中心に書きたいと思いますので
細かいMCとかメンバー観察とかはあまりなしです。
まぁそれでも良いさという人だけどんぞ・・・。

驚く事が多過ぎて超長くなってますけども・・・よしなに。









去年から一度嵐のライブに行ってみたくて
(去年はお金がなくて行けなかったのだよ・・・)
彼らのライブが決まった時にK嬢にお誘いをうけたのだが
その日は悲しいかな出勤という事ですっかり諦めていた。
しかし、つい1、2週間前に急遽欠員が出たのでやぱし行かない?という事で
遅れて参戦する事にあいなりました。

5時40分まで仕事で6時開演という無謀なスケジュール。
幸い仕事はヒマだったので5時過ぎから少しずつ帰る準備を始め(しっかりして下さい)
5時40分キッチリもキッチリに職場を退社。
最寄の地下鉄の駅まで普段10分くらいかかるところを5分でダッシュ。
奇跡的に40分台の地下鉄に乗れたぜぃ。
近年まれにみる猛ダッシュだった為ヒザに乳酸がたまり
6時ちょい過ぎに唐人駅に降り立ったのだが
下車後は全然走れず(こう見えて三十路過ぎなもので・・・)
足がもつれながらもどうにかドーム。
その間もグッズだけ買いにきた人やら
「チケット余ってませんか」を持ってる人とたくさん擦れ違う。
ダフ屋はあんまりいなかったんじゃないかな?
ファンクラブに入ってないとチケットが取れない過酷さなので
ダフ屋も入る余地なしって感じですよん。

200909191814000.jpg
ドームの前に嵐の旗がずらりと掲げてあってあがる。

気持ちはあがったが如何せん海の近く
驚くほどの向かい風に普通に歩くのもままならず
気持ちは焦るが全然前に進まず。
正面の5ゲートから目標の1ゲートまでの遠い事ったら・・・。
その間ゲートごとに中に入れなかったファンが山のようにいて
漏れ聞こえる音を聞いていて申し訳なくなる。
私は暴風の音しか聞こえなかったのだが、彼女達の心には聞こえているのだろうな。
中には双眼鏡で覗いている人もいたので見えるのかな?と
私も歩みを進めながらチラリと横目で見てみたのだが中は黒いカーテンに覆われ
10cmくらいしか見えず、何となく光が見える程度・・・ファンってスゲーなぁと思う。

ようやくたどり着いた1ゲートで荷物チェック。
「カメラ等はお持ちじゃないですかぁ」は他のライブと同じなのだが
ビックリするのはテーブルの上に公式のうちわのサイズが書いてあって
それ以上に大きいうちわは持ち込み禁止らしい。
っつーか公式のうちわは普通のうちわよりも全然デカいのだから
それ以上っていうと当然それはちょっと・・・という気もする。

中に入ると4曲目の「We can make it!」
予想以上にめちゃくちゃ早く到着できたなぁ・・・。
でも結構好きな「Luck Man」が聴けなくてちょいと残念でした。
っつーか登場がフライングだと聞いていたのでそれも残念。
しかしドーム一面がペンライトの赤でそまってとてもキレイ。
そして人の多さに驚きでと早く席に着かなくちゃという焦り。
嵐のメンバーがどこにいるのか確認もせずにひたすらに席を探す。
係の方にチケットを提示しつつ「すいません、これどこですか?」
というたびに「もっと前です」と言われてあれよあれよとステージ端の3列目。
ようやくAっち、K嬢、K嬢の妹さんと合流。
えええええっ!!!なんだこの席は!!!!!近過ぎるじゃないかぁぁぁ!!!!!と動揺しつつも
すばやくペンライトを渡されて大好きな曲「Crazy Moon」でノリノリ。

このペンライトが予想以上に可愛いのだよ。
クリーミーマミ、ミンキーモモの変身世代なので・・・。

200909201933000.jpg
嵐という文字をデザイン化した王様ペンライト。

200909201923000.jpg
スイッチオンで基本色は赤。

200909201922001.jpg
スイッチ切り替えで赤と青の点滅になります。

ねぇスンゲー可愛くないっすか?
エゾの夜移動の時に持ったらキレイじゃないか?とたくらむ。

それではまずは驚いた部分ですけども。
まずは単純に公演時間が3時間半・・・長っ!
メドレーも数えると全部で約50曲・・・多っ!
でも全然時間が経つのが早くて、いつの間にか9時半だよ。
規制退場なのでドーム出たの10時だよ。
バックホーンのライブが大体1時間30分、15曲前後だと思うとね。
その間歌って踊って走っている訳だからね・・・頭が下がります。
(まぁバックホーンも歌って演奏して暴れている訳だが)

あとはお客さんが意外と静か。
スタンド席からはメンバーを呼ぶ声が時々聞こえるが
(中には「道明寺!」ってのもあって驚いたけど)
私の周りではMCの最中凄く静かにメンバーの声にみんな耳を傾けておりましたよ。
奥田民生ファンに見せてやりたいっすね、ホント。
あとはお客さんでいうとやっぱり年齢層が幅広くて
幼児からおばあちゃんまで・・・んで心底みんな楽しそうなの。
3時間半もあるのに年配の人も相当元気だな。
私は途中からお腹が減ったり腰が痛くなったりしたのでホント感心した。
男の人はさすがに少なかったけど私の近くにいたカップルの男の人は
きちんとペンライトとうちわを持って超楽しそうに踊ってました。
ファンの方々の中には大野君ドラマの「歌のおにいさん」の衣装をマネた服着てたり
ナースコスプレの人とかチャイナドレスの人もいたし。
手作りのうちわにはメンバーへの熱い思いが書いてあったり・・・。
例えば中高生なんて遠征する時間もお金もない訳じゃないですか。
しかもバンドみたいに年に何度も来りする訳じゃないし。
だったら年に一度しかこういう機会がない訳で。
その溜まったエネルギーの凄さっていったらね。
10周年記念の曲(なんだよね、多分・・・)「5×10」を聴きながら号泣するファン多数。
一緒に10年歩んできたんだもんね、感慨もひとしおだろうな。
私も民生さんのソロ10周年のライブでピックを拾って泣いたもの。
だからそれを見ながら「にわかなのにこんな良い席でゴメン」と胸が痛くなりましたよ。

続きましてステージ関係。
私達はステージ端の3列目という普通のライブなら絶好のポジションなのだが
嵐っつーか多分ジャニーズのライブはそうなんだろうけど
ステージ自体が移動したり、台車みたいなのにメンバーが乗って移動したり
ステージにいる事のが少ないのでどこが良い席って事もあまりなく
遠くの人までメンバーが近づいてくれる仕組みになっております。
私達が音楽を聴きに行っている感覚とは少し違うんだな。
嵐のメンバーを見に行ってるんだもの。
それに対する配慮がいちいち素晴らしいのでございます。

配慮といえばもう一つ。
うちわを胸の位置より高くあげるとスタッフに注意されます。
これも後ろのお客さんの視線を塞がないようにという心遣いなんだろうな。
あっペンライトはあげても注意されませんよ。
うちわが普通の規格よりもだいぶデカいからなんだろうね・・・。

次の驚きはメインステージの豪華さ。
ステージ後ろの大きなビジョンに色々と映像が映し出されます。
そしてその左右にも大きなビジョン。
ここにはステージでのメンバーの様子とその下に歌詞が映し出されます。
元々ドームについている大型ビジョンも同様。
この歌詞が出るの凄く良いのよ。
私なんて2週間しか嵐の曲を聴いてないもので。
大体全部身にはついているが歌詞までは覚えてないじゃないっすか?
でも歌詞がビジョンが出るので一緒に口ずさめる。
いわばメンバーが映る豪華なカラオケみたいな・・・。
改めて歌詞を確認して良い歌詞だなぁと確認出来たりとか。
もしかして50曲覚えるのが大変だから
メンバーもチラチラ見てるのかもしれません(ナイだろ・・・)

そして移動式のステージとか台車ね。
移動ステージ同士が交差したり、せり上がったり。
この驚き部分は移動は全部人力だって事です。
これはテレビで毎年やってるジャニーズの
カウントダウンライブで見た事あったのだが
メンバーの安全性を考慮して人力だそうですよ。
人が数人がかかりで押してるの・・・スゲー。
会場をグルリとする台車にはこれまたビジョンがついてたりして・・・。
至れり尽くせりでございます。
ちなみに台車は電飾だったり装飾だったりがしてあって
博多っ子にはどんたくの花自動車を思わせる作りとなっております。

ステージ上にはストリングスとホーンズを含むバンドが生演奏。
だからメンバーは口パクじゃなくて歌ってるんだよね。
声が出ないところやスゲー間違ったところも含めて
口パクじゃないんだなぁと驚いてみた。
ジャニーズの中には口パクの人も多々いるらしいのだが
「嵐は違うんだよ」ってK嬢が言っておりました。
そして意外とみんな上手いんだよね。
スマップ先輩が全員下手なのに比べたら全然上手いっす。

続きまして特殊効果、いわゆる特効さんです。
ライブハウスに行く事が多いので特効とかあまり縁がなく
この前のユニコーンのライブのバブリーな特効に感動したわたくし。
しかし全然ユニコーン以上でございます。
噴水出るわ、何度もパ〜ン!て爆破があるわ、炎が出るわ。
移動ステージの周りに金銀の花ふぶきが尋常じゃない量巻き上がったり。
わたくし如何せんステージの3列目だったもので
いちいち爆破の音のデカさにビックリし、炎の熱さにビックリ。
いやいやお客さんを楽しませようという気持ちが凄過ぎです。
世の中不景気って事を忘れさせてくれる迫力。

お客さんを楽しませようという気持ちが強いのはもちろんメンバーが一番。
って事でようやく嵐メンバーに触れてみたいと思いますよ。
とにかくみんな仲がよろしいの。
苦手なカツーンの方達のぎくしゃくっぷりは
ファンじゃなくても見ていられないと思うのだが
彼らは見てるこっちがほのぼのするくらい仲が良いのね。

そんな素敵なメンバーですけども。
もちろん一番好きなのは相葉君です。
あの屈託のない笑顔。トンチンカンな受け答え。機械みたいな声。
テレビを見ては相葉君の素直さに日々癒されておりました。
そしてステージ上の彼はテレビ以上に素敵な笑顔です。
こちら側に一番来てくれたんじゃないかなぁ。そう思うだけかなぁ。
手を振って「ありがとう」って言ってくれたり・・・ホント可愛くてますますメロメロ。
同じく相葉君うちわを購入したAっちと相葉君が来るたび
「キャー大変!どういう事!近過ぎ!目が合った!」と大騒ぎ。
2人して相葉うちわを振りまくりました。
たくさん衣装替えがあったのだが、ほとんどハンパ丈のパンツでした。
そういうキャラですよね。元気な勝俣キャラ。
ソロで歌った「PIKA☆NCHI」の衣装も可愛かったなぁ。
最後の方で感極まった顔も相当素敵だ。
犬みたい・・・・・・飼いたい。

そして次に先日の「ひみつの嵐ちゃん」での
素敵眼鏡で「朝ごはんできてるぞ」以来めっきり気になる男、二宮君。
あの切なげな瞳から繰り出されるこれまた切なげな高音。
大して上手くもないけれど胸にしみますね。
「台風ジェネレーション」の頭のセリフを目の前で聞けて感無量です。
私達ってラッキー過ぎる。これはもうビギナーズラック以外の何物でもないです。
何故だか昔夕方にあっていたジャニーズJr.の番組を良く見ておりまして
(確か司会が内海光司だった気がする・・・懐かしっ)
んでその番組にJr.時代の二宮君も出ておりまして
他の出演者はあんまり覚えていないのだが
二宮君は髪型が1人坊主だったりとか
受け答えもジャニーズっぽくなく冷静だったので印象に残っており
あの子がこんなに立派になって・・・と母のような思いになってみたり。
2番目に好きなので二宮君が近くに来る時は相葉君のうちわをおろして
ちゃっかり二宮ファンを装いキャーキャー言ってみた。

続きまして思った以上に素敵だったのが大野君。
いつもバラエティー番組ではあまり喋らないし、
でも喋るとぼそりと面白い事言ったりしてメンバーに突っ込まれたりして
顔こそジャニーズ顔だけど、風情がジャニーズっぽくないじゃないっすか?
でも実際はソロパートをまかせられるくらい歌がめちゃくちゃ上手いの。
全然音を外さないし。ビブラートも自然だし。声も切なげで素敵。
2番目に好きな歌「言葉よりも大切なもの」の頭のソロとか
(今回は二宮君のソロ曲だったので聴けなかったけども)
そして1番好きな歌「truth」での「迫る真実〜♪」の部分とか
だいたい好きな曲の良いところを大野君が持って行ってますもんね。
そしてダンスも一番上手いのであります。
絵も上手いしねぇ。とても出来る子だよね。
昔ドラマにも出てなかった頃にワイドショーで
「嵐の大野さんがソロコンサートを・・・」みたいなのがあってて
1人だけドラマにも出てないからヒマなんだろうなと思ってたんだけど
1人できっと素敵な舞台が出来る多彩な人なんだよね。
K嬢は最初からずっと大野君が一番好きで
うちわももちろん大野君のを振っていたのだが
今まで「理解出来ない」って言って悪かった・・・。
「歌のおにいさん」の主題歌の自分のソロ曲を
「歌のお兄さん」の衣装で歌ったのも凄く可愛らしかったし。
二宮君と大野君は中でも仲が良いようで
何かの曲の時に私達の前に同時に2人やってきたのだが
ずっと二宮君が大野君のお尻を触ってました。
それを少々の困り顔ではあるがあまり表情も変えずに避ける大野君・・・面白かった。

そして断然印象が良くなった人がもうひとり、櫻井君です。
もうね、ビックリするほどの爽やかさなの。
バラエティー番組ではどういう訳かつっこまれる事が多いし
ニュース番組ではもちろんマジメな顔なので。
あんなに爽やかに笑う人今まで見た事ないってくらい爽やかでビックリ。
相葉君の屈託のないやんちゃな笑顔なのとは違う笑顔なのね。
相葉君はどちらかというと赤なの。太陽みたいな笑顔。
櫻井君は真っ白なのね。ノリのきいたワイシャツみたいな白。
王子様ってきっとこうやって笑うんだろうなっていう笑顔。
笑う時に見せる白い歯に脳内で「キラリン」のCGを足したもの。
なんでテレビではそう見えないのかね・・・って不思議になったっすわ。
バラエティでは口とがらせて「なんだよ〜」って言ってるイメージなんだよね。
そこがまぁ良いところでもありますけどね。
K嬢にセットリスト順の曲をもらった時に
良い曲なのに櫻井君のラップがいちいちジャマ・・・って思ってゴメン。
サクラップとかバカにしてホントにゴメンね・・・意外とカッコ良かったです。
あっあと何かの曲の終わりにネルシャツをスカートみたいに持って
お姫様みたいな挨拶をしてくれました・・・目の前で。可愛かった。

そして残るは道明寺・・・いや松潤です。
髪型がポンパでした・・・・・・終わりかい!
いや〜なんだろうね。多分一番自分のカッコイイ部分を知ってる人なんだろうな。
決めるところはきちんと決めるし、凄く出来る子なんだろう。
そこが苦手です。私はね、もうキムタクとかそういう部類の人が苦手で
彼には同じような匂いを感じてしまってどうも苦手なんですわ。
見てて照れちゃうのかなぁ。何か恥ずかしくなっちゃうの。
ソロの「WISH」はジャズ調に編曲されているし。
アンコールでツアーTシャツをそれぞれカスタマイズしたヤツをみんな着てて
相葉君とかは後ろのプリントをスパンコールで縁取ったりとか
二宮君は首周りにスタッズつけたりとか櫻井君はタンクトップにしてたりとか・・・。
んで松潤は袖口をフリンジ仕立てにしてたんですよ(笑)
なんでお前はフリンジなんだよ!とAっちとツッコむ。
たぶんそういうところが苦手。そういうキャラである事が苦手です。
カッコつけ過ぎて、いやカッコつき過ぎちゃって、逆に笑っちゃうみたいな・・・。
だから最後の方に歌った「花より男子」の主題歌でもある「One Love」の
もっとも大切な出だしの彼のソロ部分がぐだぐだで
それが逆にちょっと人間らしくて可愛らしかったです。
あと最後の方にメンバーの赤ちゃんの頃からの成長の記録の写真が
ステージのビジョンに映し出されたのだが
松潤の赤ちゃんの頃の写真の赤ちゃんらしからぬ眉毛の太さ・・・面白かったです。
それでもやぱしコンサート前とは格段に好きになりましたよ。
普通にカッコ良いんだもの。そりゃ生の松潤はカッコ良いさ。

続きましてMC・・・あんまり覚えてないけど。

まずは昨日も盛り上がったけど今日も盛り上がってるねと。
汗っかきの相葉君のピンクのシャツが記録更新でスソまで汗。
一番下まで言ったらゴールだって言ってた・・・激アホかわゆすな〜。
盛り上がりすぎて大野君ソロの「曇りのち、快晴」の
「手を叩け」の部分のイントネーションがおかしかったと。
普通に「手を叩け〜♪」って歌うか煽って「手を叩け!」って言うか迷ったら
合わさって変になったそうです。「てぇ↑をたぁ↑たけぇ↑」てなったらしい。
私はそういうもんだと思って気になりませんでした。

一方相葉君は珍しくここまでノーミスです!
その発言にメンバー&会場全体が笑いに包まれる。
何で笑うんだよ〜。今までは自分のキャラを作る為にワザと間違ってたの。
と反論するもメンバーの誰かが(忘れた・・・ツッコミ役だから二宮君かな?)
10年の積み重ねでみんな笑ってるんですよ!って言われてました。

それから話は昨日のコンサート後の話。
1日目が終わってスタッフとの食事会のあと盛り上がり
「飲みに行く?」的雰囲気になったけど結局行かなかった話。
櫻井君がマッサージを終えて相葉君に電話したら
眠たそうな声で「あっ翔ちゃん、今リーダーのとこいるよ」って言ったので
大野君の部屋に行ったら大野君と相葉君が凄い近い距離で向かい合って座っていて
「何してたの?」って櫻井君が聞いたら「待ってた」と答えたそうです。
2人して1時間半、向かい合って誘いの電話をひたすら無言で待ってたそうです。
で、時間が少し時間が経った頃から「嵐って本当に良いよね。俺ら恵まれてるよね」
って泣きながら話したそうでございます・・・想像しただけでアホ可愛い。
一方その頃二宮君は待ちながらメタルキングを倒しまくっていたとの事。
ゲームの事は良く分からんが、おかげで凄い経験値を上げたらしい。
結局のところ悪いのは松潤で、言い出しっぺのくせに
嵐の事は詳しくは分からんが「うらあらし」というのを書いてるうちに寝ちゃったと。

そのあとにソロの準備をする櫻井君がはけたあとに
残る4人の出演ドラマの告知。
相葉君が「マイガール」・・・パパ役。
東京と福岡で試写会があって、東京での舞台挨拶を福岡でも中継で見れるらしい。
松潤⇒「パブリックビューイングって事?」 相葉君⇒「日本語でお願いします」
二宮君が「天国で君に逢えたら」・・・ドラマの名前を一瞬忘れる。
大野君が「0号室の客」・・・週一で4回出るのを「1ヶ月に4回出ます」と言って
二宮君にツッコまれておりました。
余談ながらツッコむ時の二宮君の甲高い声・・・好き。
松潤は来年の「わが家の歴史」・・・博多弁を喋る役だそうです。
博多弁を言わされてた「〜みちゃり!」って言ってたかな(・・・忘れた)

それから「次は桜井君の登場ですよ!上に注目!」
と4人が散々煽るので裏で櫻井君が「出づらい!」と焦る。
そしてみんなが上を見上げる中、普通にバックステージから登場。
あっでも鳥のような羽ばたきをしながら登場してたな。

そんなこんなで結構長い事してました。
そこまでファンじゃないので途中でちょっとボーとしちゃった・・・。
でもそれぞれのキャラがきちんと出てるし
仲が良いんだなぁと改めて思ったほのぼのトークでした。

あっあと最後の方の一人一人の挨拶の時に
相葉君が「来年も、再来年も・・・その次の来年も」って言っててアホかわゆす。

曲に関しては全部良い曲なので皆さんも是非聴いてみて下さい(おざなり)
とりあえず音楽ファンの皆様にオススメしたいのは「アオゾラペダル」
スガシカオ先生作詞作曲なので曲も歌詞もスゲー良いです。
アルペジオがちょっとスピッツっぽくて良いんだよね。

あとジャニーズコンサートの楽しみ方としては
嵐とかメインメンバーが遠くにいる時は
ビジョンを見るのも良いけどJr.の皆さんを見るのも良いかもですよ。
青田買いってヤツですよね。目の保養ってヤツですよね。
あと彼らが踊ってると岡村さんに見える時があってオファーシリーズの。
それも密かに楽しかったです。

大変!一番大切な事を書き忘れるところだったわ!
10年を振り返る映像が流れたあとに
シングルメドレーに突入したのだが
そこで登場した5人の衣装があの伝説の衣装だったんですよ。
ミュージックステーションで当時私も見たんだけど
グループ名が嵐だわ、デビュー曲「A・RA・SHI」だわ、こんな衣装だわで、
あぁ可哀想に、絶対売れないわ、このグループって思ったあの衣装。
着るって噂には聞いていたけど、目の前で見る衝撃ったら!
心臓止まるかと思った。衝撃と笑いで。
近くで見てもやっぱり雨合羽ですよね。素肌+白い短パンに雨合羽上下。
しかもデビュー当時より体が出来上がってるもんだからムチムチで。
ちょうど私達の近くには松潤が来たのだが・・・笑いがとまらなかったです。
あとビジョンに映った大野君が乳首を隠してたのも面白かった。
ファンを楽しませようとココまで身を削る嵐・・・素晴らしい。


っつー事でとりあえず今日はこんな感じで。
その他思い出したことがあれば追記していこうと思います。
とにかくホントに心から楽しかったので絶対来年も行いきたい。
そして最後にこんな素敵な機会を与えてくれたK嬢には心から感謝を。

200909200001000.jpg

K嬢が調べてくれた国立でのコンサートのセットリストと
あまり変わらなかったのでたぶんこんな感じだと思われます。

☆セットリスト☆

感謝カンゲキ雨嵐
Lucky Man
風の向こうへ
We can make it!
Crazy Moon 〜キミ・ハ・ムテキ〜
PIKA☆NCHI
(相葉ソロ)
HORIZON
DANGAN-LINER
アレルギー
ココロチラリ
Carnival Night part
言葉より大切なもの
(二宮ソロ)
Everything
瞳の中のGalaxy
アオゾラペダル
台風ジェネレーション
曇りのち、快晴
(大野ソロ)
a Day in Our Life
ハダシの未来
Oh yeah!
Step and Go
Beautiful days

MC

とまどいながら(櫻井ソロ)
WISH(松本ソロ)
僕が僕のすべて
Attack it!
truth
明日の記憶


10年を振り返る映像

メドレー(A・RA・SHI/SUNRIZE 日本/君のために僕がいる/時代/ナイスな心意気/
     PIKA☆NCHI/とまどいながら/言葉より大切なもの/Hero/サクラ咲ケ/
     WISH/きっと大丈夫/Love so sweet/Happiness/Believe)

一人一人の挨拶

5×10

アンコール
PIKA★★NCHI DOUBLE
明日に向かって
できるだけ
One Love

Wアンコール
ファイトソング
五里霧中
season
LIVE09 | 23:59 | author かぴやま | - | -