EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< 第5弾 | TOP | 言いたかないけど >>
cross fm MUSIC JUNCTION 2009@Be-1
Aっちが申し込んでくれたcross fmの無料招待ライブ。
5時会場なので4時半にBe-1へ。すでに行列。
公園内に並ばされて4箇所も蚊に刺される。
暑くて汗ダラダラだったものだから。
客層としては金曜日の9mm並みに若い気がする。
Aっちに9mmのファンの面白さを説明していたら
どうも後ろの高校生が参加していた様子。
ヤバかった・・・もう少しでもっとヒドい事言いそうだった・・・。

6時開演。出演は4組。
どの組もcrossでヘビロテに選ばれてるだけあって
演奏は非常に上手い。あとは好きか嫌いかって問題だけで。

Vijandeux
一つ目のバンドはジャマイカ人の父と
日本人の母との間に生まれたボーカルのウィリーさんと
ギター&コーラスのNoriさんのユニット。
後ろにサポートでベースとキーボードとドラム。
曲調はなんだろうな。HIP HOPのようなレゲエのようなミクスチャー?
曲はとても良いのだが、私はどうにも苦手な感じで・・・申し訳ない。
歌詞が終始超ポジティブだし、ボーカルもウザいくらいの熱さで。
いちいちハンズアップやら手拍子を強要するのもイヤだし。
んで客層が若いからか、その強要にみんな礼儀正しく乗るのね。
サビでもないのに違うフリを強要されるまでずっとハンズアップ・・・。
なんとサンセットに出演決定しているようです。
似合うと思うけどあの炎天下であの暑苦しいMCは勘弁といった感じで。
しかしギターは上手かったなぁ。アコギの音が尋常じゃなくキレイだったわ。

SUPER BEAVER
二つ目のバンドは東京から車で15時間かけてきたという4人組のバンド。
ドラム以外は現代っ子な感じのバンド。ドラムの方はなすびみたい。
ボーカルが時々妖精に話しかけてるような人で動きがワンパターンで・・・超苦手。
Aっちの方を見たら涙を流しそうなくらい笑っていた・・・うんうん同じ気持ち。
Aっちはボーカルの「手拍子!!!」っていう煽りにウケていたらしい。
他のギターもベースも自己主張が激しい感じ。
こちらも曲は普通にカッコ良いからもったいないな。
好きなところはなすび似のドラムがウマいだったところ。
ウマいというか音が激デカかった。
全体的にいうともう少し肩の力を抜いたら良いんじゃないかと思うのだ。
まぁまだ若いからしょうがないっちゃしょうがない?


辻詩音
紅一点。いつもはバンドスタイルらしいのだが
今日はアコギ片手に弾き語りバージョン。
声は分かりやすくいえばYUIって感じだろうか?
とても可愛らしい声。姿は若干絢香っぽくもあり。
高音の音程はガツンと当ててくるが下の方は不安定な時も多々。
4曲くらいだったかな?Aっちが横で眠たそうだったぞ。

S.R.S
トリは北九州の高専に通う4人組バンド。Sleeping Rag Sheepの略らしい。
ボーカルの山口君のギターにビートルズのステッカーが貼ってあるのも納得の
イギリスっぽいキレイなサウンドでございます。
S.R.Sは先日Aっちと観に行った「重力ピエロ」の主題歌を歌っているバンドで。
ちょいと興味を持ったので、これを目当てに2人で来たのだが
とにかくボーカルの山口君の声が本当に素晴らしい。
甘くかすれた伸びやかな声。
それが分かりやすく切なげなメロディーと相まって沁みる。
特に「重力ピエロ」の主題歌「Sometimes」・・・スゲー良い曲だ。
若干振る舞い自体にはウザさも感じつつ、その声だけは天性のモノだからね。
それには文句も言いようもないし、ただただ感動するばかり。
ベースの子の笑顔を見るととても幸せになるし・・・高校生か?と。
北九州在住でしかも高専生というところだけでも無条件に応援したい気持ちなのだが
それを差し置いても良いバンドなので売れて欲しい。
気になった人はYouTubeにもあるので是非!!!

金曜日のライブといい、今日といい
なんか自分、随分と年取ったなと思ったわ。
新しい音楽を受け入れる柔らかさがなくなって来たのか
それともジェネレーションギャップというヤツか。
それでも音楽自体はいつだって普遍的で、寛容なのだから
私も偏見や常識に囚われる事なくこれからもたくさんの音楽に出会いたい。

帰りはもちろん期間限定ラーメン。
今月は・・・

20090621211229.jpg
揚げ茄子 おろし柚子塩らぁ麺

大根おろしがラーメンと合うという新発見。
スープを吸った大根おろしが麺に絡んでウマい。
あと一口餃子もウマかった。来週も食べよう・・・。
LIVE09 | 23:59 | author かぴやま | - | -