EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< ただいま長崎より無事帰ったぜぃ | TOP | 龍馬のぶーつ像 >>
「KYO-MEIツアー」〜創造のパルス〜 @DRUM Be-7
今日もやっぱり曇り空。
Tさんと2人、10時初の白いかもめでいざ長崎へ。

白い.JPG 内部.JPG

革張りシートで快適、快適っ・・・と思いきや
今まで電車でこんなに揺れた事ってあったけ?ってくらい大揺れ。
毎度乗り物酔いをする私でさえ電車で酔ったのは初めてなのだが
それだけじゃなくてTさんでさえ気持ちが悪くなる始末。
何なの、かもめ?それとも線路のせい?

2人で青白い顔をして約2時間で長崎着。
果たしてトルコライスを食べる食欲はあるのか?
なんて話しながら早くも長崎駅で桃太呂の肉まん美味い!
一個60円の小ぶりなヤツ・・・で食欲を増進され急にお腹が空いてきた。

肉まん.JPG

その前にまずはBe-7の場所を確認しておかねば。
私達はトルコライスを食べる為だけに長崎へ来た訳ではないのだ。
あくまでも目的はバックホーンのライブを見る為なのだ。
長崎駅前から路面電車で公会堂前で降りる。
何処で降りても一乗り100円が嬉しい。

電車.JPG

↓こちらスカパラのライブもある長崎市公会堂でございます。
福岡市民会館にも負けず劣らずの古めかしい建物。

公会堂.JPG

そこから歩いてすぐ、ビックリするくらい歩いてすぐのところに
FM長崎がありまして、その地下がBe-7でございます。

Be-7.JPG

階段のところに他のDRUM系列と同じように手書きの出演者の看板↓

Be-7 -2.JPG

眼鏡橋へ向かおうとFM長崎の裏側に回ったのだが
早くもスタッフの方が機材を運んでおりました・・・ご苦労様です。

長崎駅で地図を貰って、それを見ながら街を歩いたのだが
その地図から自分達が察するよりも遥かに小さい街だった。
えっとこの道を歩いて・・・わっもう眼鏡橋があったよ!
と目的地までがいちいち近くてそのたびにビックリしてしまった。
んなこんなでBe-7のすぐ裏手に眼鏡橋。

眼鏡橋.JPG

川の水面に橋が映って、まるで眼鏡みたいに見えるから眼鏡橋。
唯一トルコライス以外で調べた長崎の見所・・・終了〜!
さてさてこうなったら残されたのはトルコライスのみ。
私が調べた長崎の全てがココに凝縮。
という訳で私が調べた有名なお店は3軒。
地図を頼りにその3店舗を順番に巡ってみる。
まず発見したのはビストロボルドー。
欧風料理のお店でありまして、なので若干お値段は高めな印象。
ただ外見から察するにかなり素敵なイナたい雰囲気。

ボルドー.JPG

そしてそのすぐ近くに発見したのはグリルアストリア。こちらは洋食屋さんです。
こちらもかなりイナたい雰囲気で私達の心を大いにくすぐりましたよ。

アストリア.JPG

とりあえずもう一軒見てから決めよう!という事で最後のお店へ向かう。
しかしアレだね・・・コレだけ狭い街だったらメンバーとか歩いてそうだね?
なんて2人で話しているところに角を曲がって光舟と栄純登場!
わっっ!!!ヤベ、本当にいたし・・・と動揺を隠しながら2人とすれ違う。
先ほど2人が曲がった角を曲がったところで2人して大騒ぎ。
うっわ〜!!!光舟カッコ良っ・・・お団子ヘアで肩には一眼レフ!
ソイルのゴールドマンにも通じるあの落ち着きある赴き。
私のイメージするベーシストらしいベーシストの1人である。
一方栄純は髪ぼさぼさだし・・・いつでも栄純は栄純だ。
テンションを上げながら最後のお店、ツル茶んに到着。
どうよ、この名前からしてヤバそうなお店。
喫茶店という名前がピッタリのこれまた良い風情を出しているお店。

ツル茶ん.JPG

どれも甲乙つけがたいが、やっぱりココはアストリアかな?
決めたはコレ↓

アストリア2.JPG

ビルの物凄〜く細い道の奥にひっそりしている感じ。
発見した時に笑ってしまったからね。何この怪しい感じ?
って事で再びアストリアへ向かう。
あの細い路地はかなり入る勇気を要したが意を決してドアに手をかけた瞬間
ガラスのすぐ向こうに先ほどのメンバー2人。
よりにもよって入り口のところに座るなよ!
「がっっおった・・・2人」Tさんに告げて一時退散。
2人で再び息を整えてドアを開く。
「ふ、2人です・・・」お店の人に伝えて奥の席に座り
動揺しながら注文したのはレディーストルコ。

トルコライス.JPG

簡単にいうとトルコライスの基本はピラフとカツとスパゲティらしいのだが
レディーストルコはその量がトルコライスよりも少なめで
その代わりに小さなグラタン付き・・・このグラタンがまたまた美味いのだわ。
ついでにエビフライも乗っておりました。
彩りがキレイで大人のお子様ランチといった感じでしょうか?
量は少なめといえど、かなりのもてんこ盛り。
お腹が空いていたのに途中でウプっとなりかけましたが
全部非常に美味しかったので完食。

さぁさぁ長崎のプラン全て終了・・・これからどうするよ?まだ2時過ぎですぜ。
ブラブラとしているうちにお寺が多く建っている地区。
そこに赴きのある坂を発見。幣振坂という坂らしいです。

坂.JPG 幣.JPG

なんか素敵なんでないの?ちょっと急だけども。
地図によると多分上に公園があるんでないの?
と登り始めたのが運の尽き。
登れど登れどまだまだ上があり、永遠に階段。

墓.JPG

しかも左右見渡しても永遠にお墓・・・。
雨も降ってきたし、何だか怖い雰囲気なのだが
何?ホントにこの上に公園があるの?
途中「楠本イネさんのお墓は上です」という立て札を発見。
「誰だよ、イネさんって!有名な人なのか?」と思いながら
それがず〜とず〜と上まであるので意地になってしまい
かなり上のところでイネさんのお墓を発見し
どなたかは存じませんがお参りしてみました。
あとで調べたらこのイネさんシーボルトさんの娘さんで
日本で最初の女医さんなんだとか・・・かなり偉大な人でした。
結構思ったよりも上がってきたので長崎の街を一望。
でも周りはお墓なんだけどもね・・・。

おかげで足がガクガク。ライブ前なのになんてこった。
って事で商店街まで戻ってライブまで2時間ばかりカフェで休憩。

休憩.JPG


時間になったので再びBe-7。
小雨そぼ降る中、行列。
地下を降りて荷物を預けて半袖でフロアへ。
あぁこの感じめっちゃ落ち着く。
同じDRUM系列のLOGOS、Be-1、SONなんかと似た雰囲気です。
あっという間に30分が経ち開演時間。

であっという間の1時間半でした。
15曲だっけ?多分こんな感じのセットリスト。
少なくない?こんなもん?

世界を撃て
ブラックホールバースデイ

白夜
カラス
フロイデ
墓石フィーバー

人間
生まれゆく光


無限の荒野
コバルトブルー


アンコール


最初から「世界を撃て」だもの。
私達は一段上がった一番後ろで見ていたのだが
周りの静かなのをよそに2人で最初から全力で踊る。
「白夜」のベース(だけじゃなく全体か?)が若干重い気がしましたが
「カラス」の山田が超エロスで(歌い方とかマイク使い)
「墓石フィーバー」→「雨」の流れに気が狂いそうになり
「声」から「コバルトブルー」までは死にそうになりました。
うん、これ以上やられてたら死んでたかもよというくらい完全燃焼。
こんなに汗だくになったライブはいつぶりかな?
最近は結構静かに見る事が多かったので予期せぬ汗だくに驚く。

MCで気になったのは光舟がめっちゃ喋ってた事。
福岡で光舟の喋ってるのなんか聞いた記憶がないんだけど。
最近そうなったのか、地方だからそうなのか?
めっちゃ喋ってたし、めっちゃ面白いし、栄純にツッコミまで入れてたし。
アストリアに行ってトルコライスを食べた話。
寝起きのトルコライスはキツいねという話(アレ寝起きだったのね)
服はちゃんと洗濯してるのに何かクセェと思ったら
ベースのストラップとベルトがクセぇんだよ!って話をしておりました。
ライブ用のベルトはユニクロで良いか!とユニクロでベルトを買ったらしい。
あと栄純がトルコライスの名前の由来をお客さんに
「じゃそこの君!」と指名して聞いたら
「そんな事聞いてやるなよ」とマツに怒られておりました。
そのあとに多分アストリアのお店の人に聞いたのであろう
トルコライスの由来を自慢げに話す。
私的にはトルコライスの由来は知っていたので
アストリアの名前の由来の方にヘェとなってみた。
(単純にシェフが昔働いていたお店の名前をもらったらしいっす)
とにかく福岡よりも良く喋ってたよなぁ・・・。

ライブ的にはちょいと音が小さい気がしたり
途中山田マイクがトラブったりしましたが
狭いからよりパワフルな迫力あるライブ。
フロアも凄いモッシュも起きなければダイバーも出ず
平和に紳士的に盛り上がった良いライブだったのではないでしょうか?

ライブ自体で今回一番気になったのはMCに同じく光舟の存在で
あんなにはっちゃける演奏する人だったっけ?
いつも光舟側で見てるけど、山田ばっかり見てるから気付かなかったのか?
それとも光舟の中で何かが変わったのか?素敵だから全然良いです!!!

Tさん曰くマツのドラムはシンバルを叩くおサルのおもちゃのようで可愛い。
そうなんだよね・・・手首が硬そうだし、カクカクしてんだよね。
でも良いのよ。下手でも何でも良いのよ。
彼の福島弁MCは終始攻撃的なライブを和やかにしてくれるので
バックホーンには絶対必要な人なのです。

栄純はいつでも栄純で、ずっと栄純でいて下さいという感じです(やっつけ)
正直あまり見えませんでした。

んでやはり山田ですよ。カッコ良過ぎますよ。
私だったら絶対に選ばないようなセンスのTシャツも(ゴメンね)
誰にもマネ出来ない本能のグルグルダンスも。
人を何人か殺した事があるんじゃないの?っていうギラギラした目も。
コバルトブルーで見せた優しい眼差しも。
そして何より歌声が大好きです。大好き過ぎです。大好き過ぎて困ります。

自慢ではないが、つい最近までメンバーのパーソナルな部分に全く興味がなく
CDの音とライブがバックホーンの全てで、他はどうでも良く。
歌詞でさえもどうでも良く。そこで鳴り響く音だけに心惹かれておりました。
かなりファン歴は長いのに、つい数年前までボーカルが山田という事しか知らず
下の名前が「まさし」なのか「しょうじ」なのかも分からず
他のメンバーに至っては名字の方も薄っすらとしか覚えておらず
雑誌を読んでどういう思いでこの曲を書いたかという事にも関心がなかったのだが
最近かなり彼らのパーソナルな部分が気になって仕方がありません。
それぞれがどういう性格で、どういう経緯でメンバーが集まり、
どういう思いで音楽を作っているのか・・・その他諸々。
そして知っていくとますますバックホーンが大好きで、気になる一方。
他のバンド同様、この4人じゃないといけない絶妙の4人。
そして今回のパルスというアルバムがこれまた良いアルバムなんだわな。
音楽自体においては現在私の好きなバンド1です、多分。
(バンドマンとしての存在はどうしてもクハラさんが1なのだが)

んでもって小さいハコで見るバックホーンとにかく最高だった!!!
何で福岡はZEPPなのでしょうか?せめてLOGOSでお願いしたい。

余韻もそこそこに汗だくのまま物販へ走る。
自慢でないがこの私、今まで一度たりとも
バックホーンのグッズを購入した事がございません。
何で毎回変なデザインのグッズばっかり作るのかしらん?
と唯一の欠点だとさえ思っているこの私。
しかし今回雨の日限定でビニール傘が出ると聞いておりまして
密かに雨が降る事を期待しておりました。
んで無事紫色のビニール傘を購入・・・500円也


傘.JPG

バックホーンのロゴだけが入ったシンプルな傘。
他にも透明はもちろん、黄色やら緑やら青やらもありました。
しかし初グッズがビニール傘ってのもどうよ・・・と思う。

地上に出ると雨は降っていないがやはり寒い。
急いで上着を着込んだが汗だくで暑い。
これヤバいでしょう?風邪ひくパターンでしょう?
時間はまだ8時過ぎ・・・早っ!!!
9時半の最終までまだ1時間以上もあるのでライトアップしているらしい眼鏡橋へ。
行ってみると「これライトアップって言う?」
というくらい薄っすらとしたライトアップだったが
暗闇にぼんやり映し出された眼鏡橋はなかなかキレイでした。

眼鏡 夜.JPG

2人して無駄に眼鏡橋を激写しているところに
1人のおじさんが話しかけてきました。
「一緒にハートの石を見に行きませんか?」
「えっハートの石って何ですか?」
一瞬怪しい・・・と思ったが奥さんと娘さんの家族連れなので
どこかに連れて行かれるって事はないだろう。
話を聞くと鹿児島から家族で観光に来られた方だそうで
素朴な鹿児島なまりにほっこりとしてしまいました。
食事をした店の女将さんにハートの石の存在を聞いて来たのだとか。
んでそのハートの石というのは眼鏡橋の階段を降りたところにある
石垣の一つがハートの形をしており
そのハートに触ってお願いをすると良縁が訪れるのだとか。
その話に物凄い勢いで食いつき、ご家族について行く事に。
急な石の階段を降りて5人で石垣を凝視する事、数メートル。

ハート.JPG

暗闇で映したのでちょっと写した角度は悪いが
見事なまでにキレイなハートで、みんなでペタペタと触って記念撮影。
あとで見てみると私、汗だくで前髪がペタンコでアホみたいなのだが
これはこれで良い思い出になりました。
もし、あの瞬間にこの方達と出会わなければ
この可愛いハートを見ずに福岡に帰っていただろうし
アストリアでメンバー2人と遭遇した時と同じくらい嬉しく
本当に最後まで素敵な旅になったなと温かい気持ちになりました。

いや〜本当に良かったねぇ。最高だねぇ。を繰り返しながら

公会堂前.JPG

公会堂前から路面電車で長崎駅まで。

ツリー.JPG

長崎駅の横にあるアミュプラザのツリーもキレイ。

時間までコンビニで買ったおにぎりを待合室で食べる。
かもめの大揺れの中で食べたら確実にまた酔うからね。

夕飯.JPG

と思ったが疲れでぐっすり眠っていたのでいつの間にか博多駅。
11時過ぎに到着し、最終のバスに都合良く乗れて無事帰宅。
本当に素敵な旅、本当に素敵なライブ、本当に素敵な1日でした。
LIVE08 | 23:59 | author かぴやま | - | -