EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< UNZA UNZA | TOP | 開幕3連勝 >>
バナナマン傑作選ライブ 「bananaman Kick」@イムズホール
やはり少なくとも年一で、出来ればもっと・・・必ず見たいバナナマンライブ。
所属事務所がホリプロになってからのテレビの露出の増え具合に
嬉しいながらも何だかなぁとも思ったりする心の狭い私であり。
心の狭い私が言いたいのは面白いのは日村さんの顔だけじゃねぇぞという事であり。
もちろん顔は絶対的に必要な、最強な武器でありますが
ただそれだけじゃなくて他にもあるんですよね、たくさんあるんですよ。
設楽統の書く脚本の素晴らしさ、頭の良さ、泣き顔とか・・・。
2人の演技力、仲の良さ、アホさ加減・・・そしてアホさ加減。
その全てを最大限に確認できる場所はやはりワンマンライブしかないのです。

福岡が初日なので、大いにネタバレ・・・お気をつけて。

宮沢さんとメシ
[kurukuru bird/2006]
過去のワンマンで見たけどやっぱり面白い。
宮沢りえとメシ喰う事になったんだけど行く?という話(そのまま)
日村さんの妄想やら心配やらがだんだん暴走していくのが笑える。
最後の大林素子のオチの秀逸さったら。う・・・う〜んってなるよね、誰でも。

オープニングVTR
過去のワンマンライブのから色々ピックアップした映像。
あぁ若いなってのと全然変わらないなってのと。
大体このVTRは物凄くカッコ良いからイヤになっちゃうわ(オークラ作)


ルスデン
[shojyo vol.2/1997]
コレは持ってるDVDで一部だけ見た事あるだけのだけれども
ある意味バナナマンらしい作品。バナナマンのある一面が濃く出ている作品。
なかなかにシリアスで超ブラックでもの凄〜く良く出来ているお話。
ほとんど日村さんしか出てこず、設楽さんはほぼ留守電の声のみ。
サスペンスを見ているみたいにドキドキしてしまう。
でも留守電を聞く日村さんの姿はブリーフ1枚・・・。
たぶん10年前よりもさらに笑える体型になっている日村さんであり
そのシリアスさと日村さんの間抜けさの落差が今の方が出てて良いんじゃないかと。
ファンの間では名作と謳われております作品ゆえ見れて嬉しゅうございました。
「単独ライブ 秘蔵映像集 "private stock"」に入っているようですね・・・買わねば。

VTRネタ 「日村流数の数え方」 (タイトルはおぼろげ)
3をザン、8をパチと数える。32はザンニー、33はザンザン。
分かりづらいと思いますけども・・・その例題のリズムの良さが笑えてしかたねぇ。

a scary story
[shojyo vol.2/1997]
こちらも名作の怖い話ネタです。
これは何度もショートバージョンでテレビ番組でもやってますね。
見どころは何と言っても設楽さんの泣き顔・・・てか泣き方?
私的にいうと設楽さんがアホな子の役で、
それを日村さんが冷静にたしまめる
っていうパターンのネタが好きなのであります。

VTRネタ 「GO!」
日村さんが郷ひろみのモノマネがしたいだけのネタ。
「もしかして郷さんですか・・・」「新井博和です」「お前誰だよ」

puku
[pepokabocha/2002]
これもある意味バナナマンらしいネタ。
設楽統はウンコとかゲロの話が大好き。永遠の小学2年生であります。
飲んだくれて設楽さんちに泊めてもらう事になった日村さんが
部屋で吐いちゃって、それを設楽さんにバレないように
一生懸命隠そうとするネタですね・・・アホ過ぎる。
そんなバナナマンがやっぱり大好きだ!!!

VTRネタ 「スタンガン〜4つの検証〜」
♯1 コップに入れた液体はスタンガンの衝撃でこぼれるのか
   日村さんがジュースの入ったコップを持って
   設楽さんが日村さんのお尻にスタンガンをバチバチっとする
   ⇒全部勢い良くこぼれた
♯2 口に含んだ液体はスタンガンの衝撃でこぼれるのか
   日村さんがジュースを口に含んで
   設楽さんが日村さんのお尻にスタンガンをバチバチっとする
   ⇒勢い良く吐き出す。
♯3 口に含んだ液体はスタンガンの衝撃でこぼれるのか〜設楽編〜
   「俺は多分出来るよ」という設楽さん。
   ⇒お尻にバチバチっとする前に音だけで全部吐き出す。
   もう一度チャレンジ
   ⇒ブーと吐き出すがほんの少しだけ残っていた。
♯4 スタンガンの衝撃を利用して板を割る事ができるか
   日村さんがお尻にバチバチっとされて
   ビックリするのを利用して板を割る
   ⇒板は割れず。お尻も痛いし手も痛い。

これは何よりも実験の間の2人の会話が仲良しで面白い。


Fraud in Phuket
[Elephant pure/2004]
これは名作中の名作「恋人岬」と対を成すようなお話。
設楽さんが旦那さんとホテルのボーイさんの役で
日村さんが奥さんと旦那さんの仕事仲間の佐藤さんの役。
色々あるけどやはり日村さんの女の子演技は素晴らしい。
そして「ヒポ」⇒「秘密警察」のくだりは何度見ても爆笑。
そして普通にドラマとして感動。

エンディング

赤えんぴつ
と思ったらなんと赤えんぴつ。おーちゃんとひーとんのフォークデュオ。
時間がないので1曲だけ・・・って事で「恋心」普通に名曲である。
終了後50枚限定でCD-Rを売ってたんですがたぶん即完売だっただろうなと。
大体CD出せるくらいは曲あるんじゃないかな?
私的には「アタホライ」と「イチゴミルク」聞きたいので
是非とも需要のあるなしに関わらずCD化希望です。

エンディングトーク
初日なので緊張しましたって話など・・・。
そういえば結成15周年って事で15周年記念グッズ・・・記念切手(何故だ!)
普通にステッカーにしてくれたら安いし、売れただろに。
でもそのアホさ加減がバナナマンであろう。

エンディングトークの最後にきちんと挨拶で締めれなかった設楽さんを見て
はじめて「この人ちょっと民生さんに似てるかも」と思いました。
意外と礼儀正しいところとか意外とシャイなところとか
大して人に媚びないところとか頭の良いところとか。
ずっと昔から地に足が着いている感じでやっぱり好きだ。

20080320235821.jpg
こちらはネタのタイトルなどが書かれた冊子。薄いピンクのキラキラした紙。


いやいや満足だわ・・・と時計を見ると18時半。
早めの開始だったので時間がまだたっぷりあるという事で
今泉あたりのカフェを探索することに。
探索したのち最終的にカフェテコに行くのが目的だったのだが
何と・・・カフェテコにたどり着けず。何処だ、何処なんだ、カフェテコ。
それはまるでカフェテコの周りに変な磁場が出ていて
私達の侵入を妨げているかのようなたどり着けなさっぷり。

迷いに迷いまくって角を曲がるとその道の遠く遠く一番遠くの突当りの家の壁に
でっ〜かい文字で「スコーン」という文字を発見。
スコーン?ズコーンか?と怪しみながら歩いていくと
そこには「鵜来島」という名前の小さな小さなスコーン屋さんでした。
そういうのはもれなく迷いなく入る私達であります。
本当に3人くらいしかお客さんが入れないくらいの小さなお店。
ガラスケースの中に5、6種類のスコーンが並んでおりました。
本当はもっと種類があるのだそうだが閉店ギリギリだったものだから。
でも閉店ギリギリだったものだから1つオマケしてもらいました。
オマケして頂いた上に色々ご丁寧に説明までして頂いて
3ヶ月前に出来たばかりのお店だそうです。

20080320234746.jpg
私が買ったのはゴマとレーズンとメープル。
他にもコーヒーやプレーン。紅茶や緑茶やオレンジやシナモンなども。
安全で安心な原材料と使った素朴なお味。
そしてスコーンにしてはしっとりとした歯ざわり。
・・・えぇ我慢できずに買った端から歩きながら一つ食べましたよ。
おぼろげな記憶ですがプレーンが130円。その他が150円前後でしょうか?
ちなみに当日はもちろんそのまま食べるのが美味しいのですが
翌日に食べるバイオーブントースターで4〜5分温めるか
その時間もないのならレンジで10秒くらい温めるとより美味しいそうです。

20080320194355.jpg
元の道に戻ったところに今更ながらに小さな看板発見。
こんな小さな看板よりもでっかい「スコーン」の文字の方が目立つぞ。

それでもたどり着けないカフェテコに業を煮やして
PANAPANAというスープカレーのお店に入る。
ゴハンが白ゴハンか八穀米が選べて嬉しい・・・もちろん八穀米で。

20080320200000.jpg
私はベジタブルカレーを注文。とにかく野菜が盛りだくさん。
ジャガイモのどえらいデカさにビックリしつつ。
食べれば食べるほど深くなっていく香辛料の効いた美味しいカレーでした。
しかし辛さの選択で「2パナ」が「辛いなと思う辛さ」で
「3パナ」が「辛っと思う辛さ」って・・・差が分かりづれぇ(笑)
2パナでも結構良いからさでしたよ。

食べ終わったあとにそれでもカフェテコの場所だけは確認して帰らなければと
とりあえずコンビニで地図を確認し再チャレンジ。
何とそこは何度も散々通り過ぎた場所でありました・・・注意散漫。
しかし良い一日だったぜぃ!
演劇・ドラマ・俳優 | 23:35 | author かぴやま | - | -