EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< どうも!KAPIYAMA∞です! | TOP | 雪が降ったらしい >>
『第1回年忘れ!2006 世界ロック選抜 福岡大会』@DRUM LOGOS
18時開場。どうやらチケットは完売したらしくギューギューの会場。
ほぼ300番で入場し何とか段の2列目桜井側をゲット。1番目はサンボだと
疑う事なく約1時間開演を待つ。19時直前音響チェック。
マイクが多い事にようやく気付く。サンボマスターの事は詳しくは知らないけれど
ダチョウ倶楽部編成だという事くらいは知っているのでハテと思う。
真心だとしても4人バンド編成だと疑わなかったので右側後方のマイクを
セッティングする様子を見て胸が高鳴った。「もしやアレはうつみようこマイク!!」

19時開演。いつもの出囃子で真心ブラザーズ登場。ホーンズ無しの珍しい6人編成。
「ようこさん!ようこさん!!」誰を見に来たのか分からないくらいにはしゃぐ。
短い時間の為あのいつものグダグダMCも手短に多彩なジャンルの曲をやってくれました。
「この愛は始まってもいない」は意外だったな。「丘の上」のベースのラインが大好き。
「素晴らしきこの世界」でふと後ろを見上げたら3Fかららサンボの山口さんが
身を乗り出してステージを見ていました。めっちゃテンションが上がっている。
桜井ボーカル「Son of the Sun」…やっぱり最高。歌前のMCの非常にテンパってて
可愛らしい桜井さんでした。最後は「拝啓ジョン・レノン」で抜かりのない
終わり方…しかし短いな、やっぱり。

情熱と衝動
空にまいあがれ
この愛は始まってもいない
丘の上
素晴らしきこの世界
Son of the Sun
stone
拝啓ジョン・レノン


サンボマスターの曲を良く知らないのでどんなテンションで見届ければ良いのかしら?
などと言いながらセッティングを待つ。ちょうど私達の横から冷房が噴出していて
寒くてたまらないので、知らない曲でも今まで以上にテンションをあげてみる事にする。

しかしながら始まってみると意外と知っている曲ばかりしてくれました。
タイトルが全部長くて覚えられないのですよ。HMVの視聴等で確認しつつ、
しかし一部だけ聞くと似たような曲でもあるので間違っているかもしれないが一応
コレをやったんじゃないかな?ってのを書いてみたのだが…。
サンボマスターのライブを長い事いつか見たいと思っていて、
やっと見れたんですが正直ワンマンで見るのはキツイかもと思いました。
1時間くらいでお願いしますという感じの熱さと濃さでした。
彼らの音楽は超ひねくれて、いじけた上で恥ずかしながらもストレートに
「愛」を叫んじゃってますよ的姿勢なのかな。私も約30年ひねくれまくって
生きてきたので、ふとストレートに「愛」とか言われるとこっそり泣いてしまいそう
になるところもあるのですよ。しかし時々「うっ…」と涙を堪えていると
間奏で必ず「愛と平和!愛と平和!」だとか「ソール!ソール!」だとか言わされるので
テンション上げつつも「何かちょっと違う気がするかも…」と若干引いてしまう。
そんな感じの繰り返しでした。それに必ず歌い出す前に上手い事言うじゃないですか?
毎回上手い事言い過ぎてアレが心からの叫びなのか、そういう芸風なのか。
最初は「あ〜コレコレ!実際見るとちょっと感動しちゃうじゃないの!」って
思っていたのだが、毎回上手い事言われるとねぇ。ベンジーの毎度同じMCと
変わんないんじゃないかとも思ちゃったり。これはもしや芸?って。
上手い事言うもんだから無意識に「ウォー」って言ってるのだが頭の片隅で
「何か上手い事乗せられていないかい?」と思ったりして。
まぁ芸風だと捉えても怒ったり、それを謝ってみたり、叫んでみたり
また怒ってみたり、すねてみたり…見ていて非常に面白いライブだったです。
ワンマンはキツいけどきっとフェスでいるととっても嬉しい感じの人達です。
曲自体は好きなモノが多いので少しずつアルバムを集めて行こうと思います。
そうなのよ。あの歌前の語りがなくったって普通に良い曲なんだよね。
あとあんまり関係ない上に今更だけど「月に咲く花のようになるの」という
タイトルは非常に秀逸だな。「なるの」の「の」が最高に良い。
そこに切なさと優しさが集約されているのであります。胸がキュンとする感じ。
真心とは違って圧倒的に男の子のファンが多かったですが、隣の女の子が
「手紙」で号泣してました。ちょっと素敵でした。私といえば冷房がキツ過ぎて
途中で手さえも挙げられなくなりました。挙げた手が凍りそう(大げさだ)
サンボのファンではないけれど前に飛び込んで揉みくちゃになった方が
温かくて良いんじゃないだろうかと迷いまくった後半戦。じっと我慢の子。
突然冷房が止まり一気に汗臭くなる会場。やはり寒い方が良い気がするね、
と人生はいつも無いものねだりでございます。
自信はないけど多分こんな感じのセットリスト↓

そのぬくもりに用がある
歌声よおこれ
青春狂騒曲
新曲?(タイトル言っていたんだけど忘れた)
愛しさと心の壁
月に咲く花のようになるの
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
手紙


次は世界選抜バンドらしいです。私の思いは世界選抜にうつみようこが入っているか
否かにかかっていたのだが、やはりようこさんは選抜されておりませんでした。
世界選抜バンドはサンボマスターの3人と真心の2人でした。まぁそうだろう。
サンボの曲から2曲、真心の曲から1曲、アンコールでもう1曲。
しかしながら私達2人が一番熱狂したのはあの曲ですよ。
山口さんが「この曲をする為に福岡に来ました!!」と吐き捨てて
ベースが始まる。まさかまさかと思いながら歌が始まった途端叫ぶ。
「キャー!!!!」ルースターズの「恋をしようよ」ですわよ!!
思いのほかみんな「わ〜」とも「キャ〜」とも「やりたいだけっ!!」
とも叫んでなかったんですが、私達は思う存分「やりたいだけっ!!」絶叫。
いや〜こんなところで聴けるなんて思わなかったから本当に嬉しかった。
「恋をしようよ」と「雨上がりの夜空に」はいつなんどき誰が歌っても
テンションが上がる曲ですね。
夜汽車でやってきたアイツ

恋をしようよ
全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ

スピード


この世界ロック選抜って福岡と大阪と東京だけの開催なんですね。何故名古屋でなく
福岡が選ばれたのかは分からないけども選んでくれてありがとうございます。
しかも初日。「お客も世界選抜だ!」って言った山口さんのMCが素直に嬉しかったです。
また来年も第2回大会が開かれる事を心より願っております。

あれっ真心の感想短すぎた…。
LIVE06 | 23:59 | author かぴやま | - | -