EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
<< 迷った時には丸大ハム | TOP | 男は黙ってマッシュ・・・またはルパン・・・またはモヒカンの巻 >>
THE LONG SEASON REVUE 梅田ver.@イムズホール
MCTの一環でイムズホールにて上映会。招待制で無料。
イムズホールでOちゃんを待つ間、読書をしながらお客さんの観察。
福岡なのに下北?オカッパのお洒落っ子多数。何だかちょっと不気味。
と言いつつ、私も立派なオカッパっ子なのであった。

それはさておき内容の方。
フィッシュマンズも素敵だし、ライブもそりゃ贅沢で素敵だ。
特にこだまさんのトランペットにはやはり物凄いパワーがあって
至極簡単なフレーズなのに色んな感情が腹の底からこみ上げてきて
泣きそうになってしまいました。ホントにホントに素晴らしい。
しかし冷静に見て映像作品としてはどうなんでしょうか?
途中でイライラしてスクリーンにカバンを投げつけたくなる部分が多々・・・。
ほらあれ、谷中さんの詩の朗読・・・(笑)要るか?
長い時間をかけた無音と写真と説教くさい言葉の部分・・・要るか?
の代わりに曲の途中で音がぶち切れるとこもあるし。
要るところがなくて、要らないところがたくさんある。
普通にライブを全部流してくれた方が全然感動したと思うの。
何か変な映像だったなぁって・・・まぁ個人的感想ですけども。
だって、誰かこれお金出して買うか?と思ったら結構みんな買ってたし。
・・・スカパラのPVも作ってる川村さんが監督だから
あまり言うのもどうかと思うけども〜・・・すいませんね。

まぁアレだ、私はフィッシュマンズが後追いだし、
2005年のエゾでフィッシュマンズの時
ひたすら夕焼けを見ながらスープカレーを喰ってた人間なので。
良いや、今日はOちゃんと面白い話が出来たから
その為に天神に出てきたんだと思う事にしよう。

明日からは人の意見も受け入れられるような柔軟な人間になるのだ。
この画像を見て普通に感動出来る素直な人間になるのだ。
ビルの屋上で臆する事なく詩の朗読が出来る谷中敦を目指すのだ。

地下鉄の熱帯魚
スプーンの入浴
曇り空の紙飛行機

・・・・・・だったっけか?
LIVE06 | 23:03 | author かぴやま | - | -