EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
「KYO-MEIツアー」〜アサイラム〜@Zepp Fukuoka
あぁぁぁぁぁやぱしバックホーンが大好きで胸に刺さり過ぎて困る。
ぶっちゃけここ最近のテンションではバックホーンを聴く気になれなくて
完全に勉強不足だったのだがそんなん関係ないなぁ。
調べていったセットリストと若干違ってビックリしたんだけど。
思いがけずそれが『晩秋』と『ヘットフォンチルドレン』だったりして。
『晩秋』と『ヘットフォンチルドレン』が今の私にはグサリなのだ。
んで一番大好きな『冬のミルク』でノックアウトだった。

珍しく栄純も光舟も山田までもたくさん喋ってくれてご機嫌さんでした。
松コールの男子に山田が「おいっ!」ってツッコんだりして。
終始熱い中にも温かい空気でほわっとしたライブでした。

しかし、山田って雨男やね。
そして山田が靴を履いていた…現代人(笑)

MCで栄純と光舟が昼に南蛮喰ったっつってたので
俄然南蛮が食べたくなり、ホークスタウンの定食屋さんで南蛮。

201010312256000.jpg 
なんと昆布明太子食べ放題なんじゃっ!

今度からZeppの帰りはココに決まりじゃ!

久しぶりにTさんとたくさん喋れて楽しかったしな。
また近いうちに御飯でも行きたいもんですね。


さぁ明日もがむばる。




不確かなセットリスト
雷電
ラフレシア
サニー
再生

カラビンカ
晩秋
ヘッットフォンチルドレン
汚れなき涙
冬のミルク
閉ざされた世界
ペルソナ
コバルトブルー
戦う君よ 
パレード

アンコール

無限の荒野





続きを読む >>
LIVE10 | 23:41 | author かぴやま | - | -
MUSIC CITY TENJIN 2010
ちょっ!来週で『モテキ』最終回っすよ。
今週も素晴らしかったです…全てが。

そんなこんなで早起きしようと思ったけど起きれず。
9時過ぎまでゴロゴロして昼過ぎからお出掛け。
年に一度の秋の始まりを告げる音楽のお祭。
天神の街のど真ん中の色んなところがフェス会場みたいな。
んで今年のあたしはいつあるのかとかも全くスルーで。
昨日たまたま今週なんやなぁって知って、出演者を見てビックリよ。
「"THE ONE NIGHTS" Live only of 2010・10・2」ってバンドなんすけど。
名前の通り一夜限りのスペシャルメンバー。

Ikehata Junzi
Kajiura Masahiro 
Yusuke Chiba (THE BIRTHDAY)
Momo (MO'SOME TONEBENDER)
Yamaji Kazuhide (DIP)
Sato Taiji (Theatre Brook)
Watanabe Keiichi (HEATWAVE)
Yuji (THE BEAT GO'S)
Oe Shinya


何このメンバー!!!!!!
しかも恐ろしい事にタダですからねぇ。
それ以外にもカジヒデキとかクラムボンとかが出演。
今年のMCTのメンツが尋常じゃないぜぃ!

って事で歩いて出掛けたのだ。
さっそくフリンジスカートを履いてみたのだ。
しかし今にも雨が降りそうなお天気だ。

天神中央公園に到着したらSISTER JETが始まったばかり。
初めて聴くなぁ…SISTER JET
音楽的に言ったら多分キラキラ疾走感系のバンドなんやろうけど。
天気のせいかリズムが重いなぁという印象。
しばらくしてSちゃんに遭遇。
んでもうしばらくしたら大雨(笑)
SISTER JETが可哀相過ぎるのだ。
ますます重たくなるサウンドである。

Sちゃんに「この雨やみそうもないねぇ」なんて言っていたのだが
SISTER JETが終わってすぐに雨がやんだのだ。
なんて可哀相なSISTER JETさん。

次の出演者を見て妙に納得。
カジヒデキなのである。
晴れるわぁ!そら晴れるわぁ!!!
それにしてもカジ君、裏切らない男だなぁ。
あの日と変わらない髪形に短パン。
んでもって1曲目が『サリーマイラブ』だもの。
あのDMCの曲ですよ!
分かってるなぁ…この人分かってる。
曲の最後に根岸君のクネクネポーズまでしてたもんなぁ。
あとの曲もひたすらにスウェーデンポップス全開で。
このブレのなさ…胸キュンす。

カジ君の途中でOちゃん到着。
んで次がまさかのIMALUですよ。
まぁとりあえず一目見たらネタになるかなぁと。
SISTER JETを後ろに従えて歌うIMALUですよ。
んでIMALUって何かやっぱり持ってるんやろなぁと思った。
SISTER JETの時にはどしゃ降りでカジ君の時は回復して曇り空。
んでIMALUの時は晴天過ぎて汗をかくほどでして。
暑過ぎたし、とりあえず一目見たので一時退散。
退散してる時IMALUさんはジャクソンファイブの歌を歌っておったよ。

んで退散して向かった先は…例のホットクのお店。
中央公園からとても近いのです。
今日も焼いている間に出て来るコーン茶がウマウマやったなぁ。
あっまた店の外観写メるの忘れた。
ちなみに内装はこんな感じ…

image.jpg

image.jpg

んで中央公園に戻ってきて食べた。

image.jpg
芝生の上に緑茶のホットク

すっかり芝も乾いてたのでシートをひいてピクニック気分です。
やぱしホットク…ウマす。

んで戻ってきたらIMALUの横にカジ君ですわ。
んで歌ってるのがまさかの『ラ・ブームだってMY BOOM IS ME』ですわ。
あの名曲の!あのヒット曲の!!!!!
んで次の曲がまたまたまさかの『甘い恋人』ですわ…DMCの。
カジヒデキ…どこまでサービス精神旺盛やねん!
んで最後はみんなで『Daydream Believer』
晴れると途端にフェス感でるよなぁ。
IMALUさんは良く分からなかったけどとても素敵な時間でした…。

んでこのあとも感心したのがカジ君のファンサービス。
ずーとずーとずーとずーとステージ横でファンサービス。
握手して写真を一緒に撮ってあげてニコニコお喋りしてくれて。
たくさんのファンの方に囲まれてホントに長い間ずーとやってて。
この人はどこまでもファンのカジヒデキ像を壊さない人やなと思いました。
素晴らしいわぁ。ブレなさ過ぎて尊敬する。

んで物凄い押して始まった…
"THE ONE NIGHTS" Live only of 2010・10・2
とにかくお客さんの多さと熱気が半端ない。年齢層もバラバラだしねぇ。
最初は梶浦さんと百々さんとタイジさんとユウジさんやったかな?
4人で諸々ロックなカバー曲をセッション。
しかし改めて百々さんの声って唯一無二やなぁ。
モーサムの時もそう思うけどモーサムはモーサムだからさぁ。
でも人とセッションをする時とか自分の曲じゃない時に改めて分かる凄さ。
んですこぶる楽しそうだ…。
そういやSISTER JETの時に私の後ろに
普通にデカい焼き鳥を食べながら歩く百々がいて
普通過ぎて一瞬百々さんか分からんかったなぁ。
普通に地元に帰ってきました感満載やもんな。
もちろんMCも博多弁丸出しで可愛かった。

続きまして
池畑さん、チバ、渡辺圭一、ヤマジカズヒデさんでセッション。
私はギュウギュウに疲れ果ててステージ横で見てたのだが。
圭一さんしか見えず…あたしの圭一レーダーは今日も凄いぜ。
サンセットでも渡辺圭一さんだけはいち早く発見できるあたしである。
んでも時々チラリと見えるチバの楽しげな姿もいいなぁ。
したらばいきなり『MEXICO EAGLE MUSTARD』やるからビックリ。
Oちゃんとこに走って駆けつけて2人で踊った。
んでまたステージ横に1人移動したら次は大江さんが参加。
クルーと思ったらやっぱりキター!『ロージー』
再びOちゃんのところに駆けつけて盛り上がった。
と思ったら次は『テキーラ』でまたまた盛り上がったぜぃ!
大江さんの声は全然出てなかったけどやぱし彼は伝説の人で
お客さん達の声援は一番大きかったと思う。
そこにいるだけでありがたい人だな。

最後は全員でセッション。
改めてこのメンバーが福岡で、しかも無料で見れるなんてなぁ。
信じられん事やなぁとすっかり暗くなった空の下で思ったもんだよ。

仕事終わりのAっちとM嬢と合流して市役所広場に移動。
こちらは中央公園以上にギュウギュウの人。
200円で地酒が飲めるコーナーとかあったりして。
んで始まったのは、Small Circle of Friends
トラックは非常にカッコ良いのだが、好みではない。
まずMCが若干ソウルセットっぽい。
ソウルセットが苦手な私…ちょっと違和感。
んで女性ボーカルの人も若干苦手な感じ。
トラックがすこぶるカッコ良いからもったいないなぁ。
でも福岡在住らしくて、結構人気がありましたよ。

んでこちらのステージのトリはクラムボン。
郁子ちゃんの可愛さがやぱし尋常じゃなくて。
やる事なす事やぱし可愛い…あんな人になりたい。
んでクラムボンの音楽のフェス感がまた尋常じゃない。
ここは朝霧ジャムか?ってくらいのフェス感なのだ。
コンクリートジャングル天神が一瞬にして野外フェス会場だ。
あの盛り上がりとかそれとは逆のマッタリ感とか。
スゲーなぁ。晴れるわ、そりゃ晴れるわぁ。
最後の曲はSmall Circle of Friendsとおおはた雄一さんで
何故だかSmall Circle〜の曲をやりました。
つーかそれさっき聴いたし(笑)
若干の消化不良を起こしつつも素敵な時間でした。

気が付けば9時近く、お腹がすいたけどお金がない。
特にAっちのお財布にお金がない。450円しかない(笑)
ので人生2回目のサイゼリヤへ。

image.jpg
半熟卵のミラノ風ドリア ¥368

しかし安いなぁ…。
あたし達の席の近くにワインパーティーをする男子3名。
ここでせんでも…っていう気持ちもするけど。
M嬢曰く、全商品食べても総額2万円くらいなんだと。
恐ろしいや、サイゼリヤ。

明日は大雨らしいので早起きして大人しく衣替え。
それから新しいダイエット企画も始めなくては。
あたしには1ヶ月しかないのだぁ。










続きを読む >>
LIVE10 | 23:43 | author かぴやま | - | -
te'@ビブレホール
ホントは…

「敢えて、理解を望み縺れ尽く音声や文字の
枠外での『約束』を。」release tour

という長いツアータイトルですが
長過ぎるので入らなかったよ。

帰りしな今年も花火大会の人波にもまれブルーになった。
私は毎年毎年毎年毎年この人の波とは逆方向に歩いていて
そのたびに自分が何事においても主流じゃないと思い知らされる。
今まで自分がそう選択してきたのだけれど
時々主流に乗れたらもう少し楽に生きられたかもしれんと思う。
ipodから流れてくるte'の音楽が私の支えで
私はたまに行く手をはばまれては舌打をしながら(イヤなヤツだ)
どうにかこうにか家路に着いたのだが
帰ってすぐにhiro氏のブログのタイトルを見て救われた。

「最高!!!!!!!!!」


うん…どうやら間違ってなかったみたい。

6時半開演。開演10分くらい前にビブレホールに到着。
入って焦る…だいぶと客層が若い。
だいぶとキャピキャピしている…マジかよと思う。
F-Xの影響なのかなぁ…F-XのTシャツの人が何人かいた。
それとも私がもう音楽を聴く年ではすでにないって事かな。
とにかく私は壁に張り付いて待機しながら
ブルーになった(すぐブルーになる人)
ついでに言うと数日前にチケットを買って初めて
ワンマンじゃない事に気付いたのだ。
転換の待ち時間が面倒くさいなぁと思う。

mudy on the 昨晩
去年アルバムを2枚くらいTSUTAYAで借りてきて
全然ダメだったバンドですね。
ダメってのはバンドがダメなんじゃなくて、私がダメっていう意味で。
te'と同じような轟音インストバンドなんだけど
どうしてか分からんけど全然ダメで。
でも生だったらもしかしたら…と思ったけどやっぱりダメで。
何が違うんだろうなぁって演奏中にずっと考えてたんだけど。
結局分かんなくて、そのまんま終わっていきました。
1つはドラムがちょっと重いのかなぁ…とか。
不協和音過ぎるのかなぁ…とか。
まぁでもはっきりとはわかんないけどやぱし好みじゃなかった。

family
んんん?何でこんなに人気があんのかな?
って思ったら福岡のバンドなんだって。
もしかしたらお客さんの半分くらいが
この人達の身内&ファンなんじゃね?って思うくらい。
キャピキャピの大半がこの人達のファンみたい。
音は悪くないです。歌も上手いです。
エモい曲を英語で歌う系…ありがちっちゃありがち。
でもヘタなバンドを聴くよりは全然マシ。

te'
完全にフォーリンラブ!!!!!
やぱしhiro氏が男前過ぎてビックリでした。
結構後ろの方で見てたのだが最後の方の笑顔とか死ぬほど素敵。
小さくて体をブンブン振り回して、汗をブンブン撒き散らして。
病気の事とかブログの事とか色々思い巡って泣きそうになりました。
好きだぁぁぁぁ!!!!!大好きだぁぁぁぁぁぁ!!!!!
さてhiro氏への愛はこの辺にして…。
やぱしte'の音楽が大好きです。
te'の曲だったら24時間聴いてても全然飽きません。
だからね、だからね、だからね…短過ぎだよね。
あっちゅー間に終わっちゃったのよね。
やぱしワンマンで聴きたい。2時間ず〜とトリップしていたい。
轟音と浮遊感という一見相反するモノがそこに簡単に存在するのだ。
何だろうあの浮遊感…まずはやぱしドラムだと思う。
あのムキムキの筋肉から繰り出されるスカンと抜ける音の連打。
んでその連打にお腹をえぐるようなベースの音が来て。
そこにギターの爪弾く音が重なった時の幸福感…たまらん!

最初の2曲くらいは新しいアルバムからだったのだが。
知らなくたってもう全然大丈夫で。もちろん間違えなくカッコ良かった。
後半は今までのアルバムの中からやってくれたから
おかしくなるくらい盛り上がったよね…自分の中で。
でも1曲もタイトルは分かりません…全部長過ぎるから。
アンコールは新しいアルバムから「歌う曲」…えぇぇぇ歌うんだ!
みんなで歌いました…楽しかった。
最後は前に見た時みたいにhiro氏がはっちゃけて
マイクを持って目をひんむいて暴れてたんですけども…。
大変!山田にソックリ!!!!!
やぱし私の好きな人は似ているみたい。
首にタオルを巻いてるのも可愛かったぁ。
(結局最後はhiro氏の事…)
あっあとマサ氏は相変らず後ろ向きでMCしてんのね…変な人。

いやぁぁぁギリギリまで行くかどうか迷ったけど
やっぱり行って良かった…超蝶帳最高っす!
今度は是非ワンマンで見たいです。
ワンマンで来てもらう為にもグッズを買わなくちゃ。
でもお金がないからタオルだけ購入して帰宅。











続きを読む >>
LIVE10 | 22:55 | author かぴやま | - | -
The Birthday “STAR BLOWS TOUR”@Zepp Fukuoka
どうも!クハラカズユキです!(何故かのウソ入り)


201007091748000.jpg

そんなこんなでバースデーですけども。
ライブ自体がだいぶ久しぶりですけども。
やっぱりライブ…大事だ。好きだ、大好きだ。
服買い過ぎて全然ライブに行けてない今日この頃。
でもやぱしライブに行かないと死んでしまいます。
だってわたしロックなウサギですもの。
それが爆発したライブでした。
生音を聴いて、生声を聴いて、地面が揺れて、暴れる。
その気持ち良さで満たされた空間が好きなのだ。

んでイマイさんのお誕生日でした。
んで明日がチバの誕生日っつー事で。
面白かったのはファンの方がバースデーソングを歌いだしよって。
したらチバが「もう年の事は言わないでくれ」って。
あぁイヤだ。年齢を気にするチバなんかイヤだ(笑)

愛しのクハラさんは赤シャツでした。
あぁぁぁん!素敵過ぎる!
でもアンコールの白Tも素敵やったぁ。
いずれにしても…大好きだぜぃ。
『愛でぬりつぶせ』のハモリが死ぬほど好きだぜ。

ハルキのパーマがじょじょに萎んで行くのも可愛いのだ。
汗かいてね…ペタンコになりよりますのよね。
あと『涙がこぼれそう』のコーラスLOVE!
タンバリン投げるのもイマイさんに指差すのも。
どんどんどんどんカッコ良くなってくるな。

イマイさんはなんかの曲でくるっと回ってた。
相変らず愛らしい方。45ちゃいなのに。
ご機嫌に歌っって「愛してるよ」って言ってくれたよ。
愛らしくもあり、もんのすげーカッコ良い45ちゃいでもある。

チバはチバで。アンコールでギターなしで歌ったのが痺れた。
ハーモニカ吹いて、マイク持って。
相変らず汗っかきで、ポタポタしながら歌うのね。
あっもう1つ面白いMCあったわぁ!
「福岡県福岡市ってある?」おもいっきし意味不明じゃぁ!
チバの認識では「福岡県博多市」だと思っていたんだろうね。
んで『涙がこぼれそう』の「俺さ今どこ〜」のあとに
「ここは福岡県福岡市」って言ってくれました。

とにかく行って良かった。見れて良かった。
お金なさ過ぎて心底迷ってけど。
ライブなしにはやぱし私の人生は心底つまんないわ。


と言いつつ、服も買ってきましたけども。
7月のコレクション入荷日なのであります。

201007091749000.jpg
ヤフードームとメルシーボーク。


んで買ったのはこちら

201007092350000.jpg
ドット(またとか言わないように)のジャケット

201007092353000.jpg
ジッパー下げるともうちょっとライダースっぽくなります。

メルシーのはジャケットだけじゃなくて
大体ダッポリしてて丈とかも長めなのだが
これはライダースっぽいデザインなので丈も短め。
ライダースが大好きで背の低い私にはピッタリ。
でも正直実物見たら黒も可愛かった…。
黒にオレンジのドットなの…超可愛い。
でもまぁ黒は他にもたくさん持ってるので(と言い聞かせる)

んでノベルティももちろんGET!

201007092354000.jpg
レジャーシート!


毎度の事ながら色々他にも着させられるんですけど。
んで今回は何故だか超高いパンツを履かせてもらったんですよ。
別に超高いのは良いんですけど、お尻にボンボンついてるんですよ。
ウサギの尻尾みたいヤツね…。ほわほわの丸っこいの。
それはもう心底可愛いんですけど、あたし今年で33チャイなので。
そのセレクトはさすがにどうなんでしょうか?と小一時間…。
まぁそれ言ったら上のジャケットもどうだっつー話ですけどね。
レジャーシートもらって喜んでる場合でもないでしょうけども。
服も音楽も好き。死ぬほど好き。年甲斐もなく大好き。
だから働かなくちゃぁ。















続きを読む >>
LIVE10 | 23:58 | author かぴやま | - | -
浅井健一 2010 HALL TOUR "MERCURY@DRUM LOGS

結局昨日も聴かずに当日。
たかじんを見終えて悠々準備をしたのに遅刻。
5時15分っつー中途半端な時間が私の心をゆるませた。

途中ipodで歌詞もチェックしながら行く。
4曲目『チーズバーガー』

「チーズ とろけそうなチーズ
パンにはさんだビーフ 想像しただけで 早歩き
おなかの中が満たされてく時
電話のベルはしばらく知らんぷりさ」

…これ誰の歌だよ!
どうやら間違ってダウンロードしたらしい。
地下鉄を待ちながら自分のおっちょこちょいに笑いをこらえる。

5曲目『FRIENDLY』 

「トンダリハネタリコロガリタイ(ナリ)
オウチでパソコン叩きは NO GOOD(ナリ)
天気はいいし お日様も呼ぶね
キテレツ オモテに飛び出そう

その気はあるよなこと言って
待てど暮らせど研究中
だったらひとりで行っちゃうぞ!
おやつのコロッケ 食べてから……」

明らかにキテレツ大百科なんですけど!
まさかの2曲続けての失敗。
しかも2曲目は明らかにキテレツ…。
思わず「ちょっっっ!」1人で肩を震わせて笑ってしまった。

そんなこんなで開場から5分経ったところでやっと到着。
OちゃんとTさんとも無事合流でしました。
2桁台の結構良い番号だったのだがいつもの定位置で。

夏のエゾ、サンセット、ブラフマンとの対バン。
全部全部素晴らしかったから楽しみだったワンマンですが。
いやもうホント素晴らしかった(曲聴いてないくせに)
大丈夫!夏フェスで大体聴いた事あったから体にちゃんとなじんでた。
しかもツアー最終日だからベンジーも終始ゴキゲンだったし。
昔の曲でいうとサリンジャーとライラック!
やっぱりブランキー時代の曲は盛り上がりが違うよねぇ。
前で暴れる人続出。でもそれって逆に失礼じゃね?とも思う。
しかし、私だってやっぱり嬉しい。特にライラック。
Wアンコールがライラックだったんっすよねぇ!
優しい、楽しいライラックでした。
最近のベンジーはとっても優しい。
新しいアルバムで一番大好きで一番優しい曲『大きな木』
アンコールでやってくれて嬉しかったなぁ。
もちろん『危険すぎる』も『原爆とミルクシェイク』ではバカ騒ぎ。
やっぱりギターが似合う人日本一だわぁ。

あとねぇ、私は基本的にステージ上の人に
無駄に話しかけるお客さんが嫌い。友達か!って思う。
でも今回の人はタイミング的にもグッジョブだったなぁ。
お客さんが「ベンジー明けましておめでとう」って言ったら
ベンジーが「明けましておめでとう…今年もヨロシクね」って言ったの。
もう素晴らしく可愛らしかったわぁ。
ベンジーを見ると冬の寒さも良いなぁって思うわ。
んでベンジーと見るとエゾに行きたくなりますねぇ。
今年はそのお金を某コンにつぎこみたいと一瞬頭をよぎったけど。
白い息を吐きながら暗い野外で見るベンジーはやっぱり良いもんなぁ。
いつまでも心が透明でスパゲッティヘアの似合うベンジーでいて下さい。

ロゴスまだダッシュして、そのあとライブだったから
終わったら生まれたての小鹿みたいに足がガタガタになってたっす。

201001171947001.jpg


ライブ後はもちろんラーメン。今年初ラーメン。
今月の限定ラーメンは…

201001172007001.jpg
海老香る 炙り帆立 鶏塩白湯麺

具は桜海老と炙りほたてと炙り焼き豚とかつお菜。
博多のお雑煮には必ずかつお菜が入るんですよね。
なのでかつお菜は新春のお味です。
炙った帆立も美味しかったなぁ。

201001172003000.jpg
あとは冷やしトマトと一口餃子

8時にライブが終わったからいつもよりも多く食べちゃう。

あぁ餃子8個じゃなくて16個でも良かったねぇなんて話をしつつ。
んじゃその代わりにプリンを。
ここのプリンめちゃくちゃ美味しいんですよ。
私の今まで食べたプリンでは3位以内に入る美味しさ。
んでもう頭がプリン、プリン、プリン一色に。
あげく店員さんを呼び止める時に焦ってしまい
「すいません!」じゃなくて「プリンっっっ!!!」と言って笑われた。

201001172030001.jpg
なめらかにもほどがあるだろ!なプリンです。


やっぱりJも良いけどロックもね。
って事で詳しいレポはまたのちのち。

LIVE10 | 23:37 | author かぴやま | - | -
初笑い!山田広野の活弁天国@西鉄ホール
本日成人の日。
もう10年以上前だし、成人式。
その上行かなかったもんで、成人式。
特に何の思い出もありませんが。
君達、未来は任せた!
っつー事で私は今年の成人の日も
山田広野さんとともに過ごしました。
1時間ちょっとで全11本。
自作の無声映画に自分でセリフを入れる活弁スタイル。
今年もマヂ活弁と勘違いしたのか年配の夫婦が…。
何度も言うけどこの活弁、ちょいエロ、だいぶ馬鹿ユルです。

全部で11本…私は覚えていなかったのだが
Oちゃんの記憶力は今年も半端ないぜぃ!

猛獣vs一寸法師
いわゆる春画に勝手にセリフを。
制作費200〜300円だそうで。
男女がイタしているのを一寸法師が覗いているという…。
そして最後はカエルに食べられて終わり…のっけからシュール。

伊達男の証明
こちらはシリーズもので、1本目は不思議ちゃん編。
おなじみダミー・オズマーと沢田王子と工藤贋作が
「伊達男とは何ぞや」を教えてくれるHOW TOモノです。

北国行き
これ多分昔見たことある…。
ひろゆきがオズマーと同じくらいギラギラしてんの。
このひろゆき役の松蔭浩之さんは福岡出身で
現代アートの重鎮らしいんだけど…何やってんだ?
変な事考える人の友達ってやっぱ数珠つなぎに変なんだなぁ。

恋の味
ひろゆきシリーズ待望の第二弾。
3、4年ぶりくらいに新しく撮った作品らしいのだが
ひろゆきのギラギラ感が増してて笑った。
蛾のくだりもくだらなくて好き。

見切れの恋
ずば抜けて面白かった。涙とまらず。
残念ながら今回「爪に絵を描く女」がなかったんだけど
これ見れたから全然OK。ホント最高傑作だと思う。
この主人公も山田さんのお友達だとか…。
テレビに見切れるのが趣味っつーか仕事の人?
ホントに周りが変な人だらけですね。

パパのお百度参り
これも2回か3回目?パパシリーズ。
パパ役もダミーオズマーなのだが。
一体ダミーオズマーって何者?
この作品結構哀愁があって好き。
……超くだらないけどね。

夜の活弁 「マッサジー」
「モノポリー」以来の道で拾ってきた
エロフィルムリサイクル作品…制作費0円。
盲目の「マッサジー」師とお客さんがただイタしているという。
かなり直球でありながら、あの哀愁なんだろう。
最後に「マッサジー」師がパンツを履き損ねるところなんぞ…泣ける。
つーかどこにどんな需要があって眠ってたんだあのフィルム。
要らないフィルムがあれば、
なんでも映画に「仕上げて」くれるらしい。
この「仕上げる」がツボだったぁ。
この「マッサジー」がちゃんと仕上がっているのか疑問だもんねぇ。 

ピートト
山田さんを昔からイベントに呼んでくれていた
リリー・フランキーさんにススメられて作ったクレイアニメ。
リリーさんがデザインをしてくれた主人公ピートト(魚)の話。
クレイアニメなのに全然動かないの。
そのクオリティの低さが何とも可愛いの。
リリーさんのおでんくんにソックリなんだけども。

ピートト2
ピートト続編。構想では全70話らしいです。
あのポカンとした表情のピートトがツボ。

薔薇色の美女
また変なの出てきた!
「しでかすおともだち」という謎の着ぐるみ集団とのコラボ。
可愛くて気持ち悪い着ぐるみです。
どうやらハトらしいオシュハ探偵の胸元のアディダスが妙にツボ。
3月に山田さんと福岡に来るらしいのだが…超見たい。

伊達男の証明
最後はまた伊達男シリーズ。クリスマス編。
最後までくだらなかったっすー!最高っすー!

あぁ満足満足と思ったらシークレットゲスト登場。
4年越しの念願叶って生ダミー・オズマー!!!

201001111950000.jpg
後ろが山田広野氏で前が大人の人形とダミー・オズマー

撮影許可がおりたのだが…私、間に合わず。Oちゃん画像です。
何故か会場全体で大人の人形を大玉ころがし風に運ぶ羽目に…。
いや〜にしても生ダミー・オズマーのパンチったら、濃さったら。
初めてパッチを生で見た時の衝撃にも似た…。

201001111953000.jpg
その後会場外で気軽に写真撮影に応じるオズマー氏…シュール。

オズマー氏ときたら超良い人だし、良い声。
にしても一体何者?
ちょいと調べてみたらホリケンさんという俳優さんらしく
意外にもたくさん普通の映画に出ている様子(もちろんちょい役)
ますます気になる。山田氏そっちのけで気になる。

バカな大人って面白いですよ、二十歳のみんな!

あと全然関係ないんだけど…
隣に座ってたおじさんがMJにソックリで笑った。
あの濃いニカっと笑顔が超似てるの。
その結果MJって近くにいてもやっぱり無理だわ、私って思った次第です。

笑ったらお腹がすいたので例の喫茶店に行ったのだが満席。
しょうがないので別の喫茶店へ(あくまでもカフェじゃなくて喫茶店)

201001111553000.jpg
ケーキセットどーん!!!

この2時間後には夕食を食べ…。
その1時間後には

201001111942001.jpg
ぜんざいも喰ったぜ!

鏡開きだからねぇ。
餅を3個も入れてやったぜぃ!

いや〜3連休最後は良い感じに終わりました。
明日からまたちょいとがむばろ。
LIVE10 | 21:07 | author かぴやま | - | -
  • 1/1PAGES