EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

  ポンコツな日常とそのかたわらに音楽
PE'Z "Cookin'up Melozzy Night"〜裸足〜@ブルーノート
今年最後のライブ。
いやいや〜今年もたくさん素敵な音楽に触れられて私は幸せものです。

この前のsembelloの時と一緒の8時45分開場だったので
まぁ8時に行けば良い席で見れるかなぁなんて
気楽に8時過ぎに行ってみたらもう長蛇の列となっており、
PE'Zファンって気合入ってるなぁと思った。
そんな訳で後ろの方の席に案内される。
ブルーノートだというのに3回目のこのライブが
1番ステージから遠いのは何でだろ?

9時半にメンバー登場。
大山さんのモヒがいやに長くなってはいないか?
今日も大いに漢な大山さんでした。
曲のセレクトもアレンジもジャズ寄りでかなりカッコ良かった。
あんまりCDだとソロパートないもんな。
やっぱりソロをガーと吹かれるとウマ〜って思いますよね。

来年の春3月頃に発売されるというアルバムは
「つくしんぼう」(どういう字かは知りませんが)というらしく
「可愛いだろ〜」と自慢げに言う大山さん。
そんなお前が可愛いよと思うかぴやま姉妹(ムチムチ感では叶にも引けをとらない)

多分曲的には「スズ虫」からの曲が多かったかと思いますが
何せアタクシ、ファン失格。全く聞き込んでおりませんので
曲名すら思い出せないんですが、とても素敵でした。
最後の方に大山さんがはけてフィーチャリングJAWさんで「カモメが飛んだ日」
JAWさんのソプラノが素晴らしかった。
この前同じ場所で見た邦さんのソプラノには枯れた大人の余裕を感じましたが
JAWさんのソプラノはテナー同様にファンキーで若さ溢れる音がします。
やわらかい音が基本的に好きな私ですが
ファンキーサックスという点ではJAWさんは高いポジションにいます。

JAWさんが抜けてリズム隊3人でのセッション。
航さんのドラムが倒れそうに素晴らしく。何だそれは…。
パーカッションオタクの妹もあまりの凄さに鼻で笑う。そしてその笑い止まらず。
そしていつもニコニコの航さんです。

航さんとニレさんが抜けて、ヒイズミ1人でピアノ。
これが今回一番の衝撃。
やるな、やるなとは思っていたが…やっぱり彼は天才ですね。
もう何つーテクニック。この曲だけでも私は5000円払いますよ!
って言ったら大げさでしょうけど…ホントにビビッた。
またブルーノートのピアノが良い音するし。
まるでCDを聴いているような…というのは良い言葉なのかどうか。
でも聞こえてくるのはまるで夢のような音だったのですよ。
ホント凄い…凄い。あごが外れた。

ニレさんは今回あんまり目立ちませんでしたが
テクニックは凝視させて頂きました。
あぁ〜アップライト欲しいよ〜。

CD聴いてなくてもスタンディングじゃなくてもやっぱり楽しいなぁPE'Zは。
来年はまたスタンディングなのでまた踊る方向で。
LIVE04 | 23:53 | author かぴやま | - | -
SO@マリノア
海沿いは寒いってばさ。
また寒い中でSOを見る事になりました。

1時から、1回目のステージ。
スタバでマシュマロカフェモカを買って階段に座る。さ、寒い…。
今日はカツヒロとぺぺの2人構成でした。
大体、カツヒロって呼び捨てにするのもどうだろうか。
でもSO(カツヒロ)というアーティスト名なので
ついついカツヒロと言ってしまいます。
ぺぺもふざけた名前なので(笑)ぺぺと言ってしまうです。
26日だけど一応クリスマスライブだと言うことで
クリスマスソングからスタート。
あの〜寒すぎてカツヒロの優しい声に意識がとおのくのですが。
誰か私の頬を叩いてくれ!「今寝るな、死ぬぞ!」と言ってくれ。
こんな中でよくギター弾けるのなぁ、カツヒロもぺぺも。
ぺぺのギターの音がホント好き。
2曲目は私が1番好きな曲「アサデス」(と言うタイトルだと本日知りました)
1番好きなのにアルバムに入ってないんですけど。
来年発売されるというアルバムには入っているのでしょうか?
ステージ前を子どもが横切ったり抽選で何かが当たった鐘がなったりして笑える。
カツヒロも半笑いやしなぁ。
途中のMCで何度も「ねぇぺぺ!」って言うカツヒロが面白かったです。
あとは松田聖子のカバーとか今井美樹のカバーとかもやってました。

終わって昼ご飯を食べたりして4時のステージまで暇をつぶす。
どこにいても凄く寒い。

4時から2回目のステージ。
お腹も満たされてますます眠たいのですが。
これはもう、カツヒロの顔の観察でもして…目が離れとる。
ぺぺの顔の観察でもして…変なん。
ね、眠い…死にそうだ。そして寒い…死にそうだ。
それでもあのオリジナルクリスマスソングにうっとりしたりして
素敵なステージでした。
……なんていい加減なレポなんでしょうか。

カツヒロに変な人扱いされて困った。
だって私のポジションって微妙だったんだもん。
しょうがないなぁ…。
来年もまたBBBBとも一緒にするそうなので楽しみです。

AちゃんとOちゃんに「よいお年を…」と言って別れる。
う〜ん、年の瀬である。
LIVE04 | 23:11 | author かぴやま | - | -
SO(カツヒロ)ビブレ1Fステージ
クリスマスイヴだというのに今日もライブを見に出掛けるさ。
そうさ、私の恋人は音楽なのさ。などとは言いたくないな。

いつもの2人を待っている間HMVに立ち寄る。
おぉ〜ゴールドカードの人はダブルポイントなのね!
と火曜日に買おうと思っていた諸々を購入。
スネオのアルバムとROSSOのアルバムとM-ONでヘビロのストレイテナーの。
私はいつだってヘビロに弱い人。
つーかほとんどスカパーを見ないというのに付ければいつだってストレイテナー。
そして、いつもその事を忘れて「おや、この曲すげーカッコ良いなぁ」
と思って最後まで聴く。あぁ前もそう思った曲だわ!と気付く。
それを何度も何度も続けた。
そしてこの度めでたく購入したのでございました。ホントにカッコ良いっすねぇ。

7時よりビブレ前のステージでライブ開始。
つまりは外なのである。吹きっさらしなのである。
凍え死にそうに寒いのである。
カツヒロの声でホッコリ…なる訳ないくらい寒いのである。
体の芯まで冷え冷えです。

カツヒロの声が好きだ。もう……ホントに素敵なのだ。
bonobosやハナレグミやらが好きな人はきっと好きだと思いますよ、SO。
そんな種類の素敵な声でございます。
ぺぺのギターは胸キュンなのだ。。ギターを弾いてるぺぺは男前なのだ。
ハモリも素敵なのだ。喋らなきゃ尊敬の眼差しなのだ。
今回はピアノを含めて3人のバンド構成であった。
この前と同じような選曲であったが、寒空の下というシチュエーションと
音の響きとか街の音があいまって、この前よりもますます素敵に思えた。
あと詞的なものがもっとグッと来るものがあればもっとイイのにと思うのだ。
いや、グッとくるけど…もっとグッといきたいところなのだ。

ビブレからのクリスマスプレゼントで
SOが歌う天神ビブレのオリジナルクリスマスソング「冬のまちにて、」
が先着100名様に配られた。
わ〜い、うれすぃ〜!この曲は切なげなサウンドでイイですよ。
聴けるのは明日までだけど…クリスマスソングなので。
マジでSOはいいですよ。
ジャンセクより胸を張ってオススメできる地元アーティスト(笑)

ライブが終了し、本気で寒いので即行ご飯を食べに行く。どこも多いな…。
色気もなく、とんかつ屋に入る。とんかつ屋までカップルなのだ。
クリスマスくらいもっと素敵な店に行きゃいいのにな…などと心の中でつぶやきながら
シジミ汁を豚汁に変える全くもって色気のない3人。
はぁ体がぬくぬくです。
26日にマリノアにカツヒロを見に行く打ち合わせなどをする。

帰りに愛するブックオフに立ち寄る。
本日の収穫はユニコーンの「人に歴史あり 其の弐」
ザ・スリルのシングルとBBBBの1stアルバム。
スリルはもちろん、ヲデ様がいると思って買ったのに…いなかった(笑)
ヲデ様がスリルにいたのっていつ頃?
BBBBのアルバム見てまた思ったのだけれど
MONKYさんってやっぱり…天パ?(笑)頑ななまでにパーマなので。

帰ったらケーキがあった。
わ〜い、メリークリスマス。
毎年クリスマスらしい事といえばケーキを食べるくらいです。
イチゴのケーキの上にベースを持ったサンタクロースが乗っていた。
乗っていたというかズボッと刺さっていた。
わ〜い、メリークリスマス。
はっシャンメリー飲んでねぇ!

明日はお仕事也。
LIVE04 | 23:35 | author かぴやま | - | -
キセル@ソラリア ゼファ
クリスマスイヴイヴの本日、妹と天神まで出掛ける。
3時前のソラリアの1Fステージに到着。
目の前を兄の豪文さんが通る。
あぁお兄ちゃんや!と妹に言ったのに
ん、どれどれ?と分かってもらえず。
まぁそれくらい本日もキセルは地味なのであった。

自分達でセッティングをする兄弟。
はぁ地味やなぁ地味やなぁ…。
マネージャーらしき男の人の方がミュージシャンっぽいよなぁ。
見ているお客さんは数人だ。寂しいぜよ。
わ〜い、ノコギリ持って来たぁ〜!
3時からはラジオの公開生放送である。
音チェックをしつつ、リハ。
「ピクニック」と「春」をする。どっちも好きだ。
「春」はのこぎり使用。そして兄のこの曲のギターが好き。
のこぎりに暫し立ち止まる人はいるがやはり人は少ない。

ラジオが始まる。
毎度ながらに兄の声は小さいな。2人ともぼそぼそ。
ラジオの中でももちろん歌います。
「砂漠に咲いた花」キター!!もう好き。
どでかいクリスマスツリーの前で歌う、地味な兄弟。
でもその音や声はやはり格別。
妹は早くものこぎりとリズムボックスが欲しくなっている様子。
私達姉妹は何でも欲しがる奴らなのです。
次の曲は発売したばかりの新曲「ペラ子の唄」これ結構名曲!
そして兄のギターが裏打ちだし、
弟、友晴君のベースもちょっとSKAつーかダブっぽくもあり。
弟君のベースはいつも弾けそうだなぁと思うけど
何とも言えない手さばきで好きだ。じ〜と手を眺める。
「ペラペラペラ〜」っていう歌詞も可愛いなぁ。
次の曲は同じく新曲「君と旅」
いつもより非常に分かりやすい詞だと思う。コレは賛否両論やろな。
普通にイイ曲やけど、普通やなぁと言われるやろなぁ。
でもちょっと泣きそうになった。
ラジオのパーソナリティーの人が興奮したのか
「君と旅行!」と言ってました。それって普通やん。

放送が終わって、端の方でCDの手売り。
私はバカだから「君と旅」を買った。
はい、普通にHMVで予約してるやん。まだ買ってないけど。
しょうがねぇ〜なぁ、2枚所有する事になるが。
「砂漠に咲いた花」に続いて2回目のサイン。
「また来年ツアーで来て下さい」と言ったら
お兄ちゃんが「あぁもう絶対、絶対来ます!」と言ってくれました。
言ってくれました、っつーか多分もう決まってるんでしょうね。

次のライブは6時からなので暫し買い物に。
街はクリスマスで、みんなはボーナスが出ていて
それぞれの手には大きなお買い物袋が…あぁいいなぁ。
店々には欲しい物がたくさん欲しい物があるけど
私のサイフには500円も入ってないぜよ。
しか〜し、サイフには500円も入っていないが、私には図書券がある。
新しい楽譜を購入。フフフフフ。

6時前にまたソラリアの1Fへ。
先程より人が集まっていてホッとした。
今度は純粋にミニライブ。
1曲目は「雪の降る頃」キャ〜!
最後2人で口笛。弟君のは聴いた事あったけどお兄ちゃんも吹けるのね。
口笛吹ける人、大好きです。
次は先程もした「ペラ子の唄」と「君と旅」
これのプロモーションだからね。
それにしてもココでライブがあるという情報を2日前くらいに入手したけど
コレ自体が決まったのが1週間くらい前なのだそうで
最後に福岡でライブが出来て良かったですと言ってました。
私も最後に見れてホントに嬉しいです。
次は「鮪に鰯」この曲初めて生で聴きました。
高田渡さんのカバーだそうです。
カバーでもやっぱりキセルワールドなのでした。
まずはエレキベーズを弓で弾き、そのあとはのこぎりを弾く弟。
最後の曲は「ギンヤンマ」私が1番好きな曲です。
妹は気持ちよすぎて、立ちながら眠たくなったそうで。良いのか悪いのか…。
3月くらいにアルバムが出来て、それからまたツアーに出るそうで。
非常に楽しみですね。

ホントに年末に思いがけずキセルを拝めて幸せでした。

帰って来て譜面をめくる。
わぁ〜なんつーか弾けない気がしない。
いや、難しいけど前よりも弾ける気がする。
弾ける気がするだけで弾けないのだけども。
ただ色々な曲を見てきて何となくパターンが読めてきたようだ。
あぁこの曲はあの曲と同じパターンだとか。
よっしゃ!今日からまた気合を入れて頑張るぜぃ!
LIVE04 | 23:06 | author かぴやま | - | -
Junk Section@キャナルシティ
pic_0641.jpg
 

本日はジャンセク応援企画と致しまして
いつもより大きめな写真でお送り致します(笑)

そういう訳で10時から18時半までの長〜い研修を終え走ってキャナルシティへ向かう。
当たり前ながら18時からの公演は全然終わっている。
18時の公演を見てムーミンカフェにいるOちゃんとAちゃんと落ち合う。
あぁ冬に飲むホットチョコレートは美味いね、しかし。
BBBB@長崎の素敵な話を聞き興奮する。音楽を愛する人に悪い人などいないのだ。
お土産もありがとう。

20時から2回目の公演。
2人の話によると18時の公演はがーずけ君とわょし君との2人での演奏で
しかもお客さんもが相当少なかったらしいのだが
今回はイルミネーションに誘われて結構な人が集まっているようだ。
そして遅れて来たえいじろ〜君も加わり3人に。
医者を目指しているというパーカッションのもとし君は欠席らしい。
医者かぁ〜すごいなぁ。ある意味1番とぼけてる顔をしているのに(失礼)
お決まりの「I Got Rhythm」から。
最前列はほとんど子供(笑)手拍子をして楽しそうにリズムをとっている。
おぉ〜今日えいじろ〜君めっちゃ機嫌がイイじゃない!
すごい楽しそうだ。サンタさんを意識したというニット帽を被っている。
はぁ今日もわょし君は可愛いなぁ。眼鏡を本日新調したそうです。
クリスマスの曲もやり子供心を掴んだにもかかわらず
次の曲は…「勝負パンツ」(笑)
若干お母様方引いておりやす。そして心なしかお客さんも減っておりやす。
まぁ勝負パンツの曲に合わせて意味も分からず
手を叩いてる子供もどうかと思いますが。
私達だけがあのお決まりの手拍子を華麗にこなし(笑)
完全に浮いている私達なのでした。
パーカッションいないとやっぱり曲の印象もだいぶん違いますなぁ。
そしてわょし君のコーラスがいちいち好きだ。
次の曲はしっとりと「凸凹道を歩くんだ」
これは素敵な曲ですね。グッときます。やれば出来るじゃないか。
いやいや、勝負パンツやらこんな曲が混ざっているところが
ジャンセクの大きな魅力なのです。
最後は「歌を歌おう」この曲もイイ!
歌う前にがーすけ君がMCで「音楽があれば楽しく過ごせる」みたいな事を言っていて
つくづくそうなんだよねぇ〜良い事言うじゃん!と思いました。
まぁいつもたいていくだらないMCしかしないがーすけ君なのですが…。

I Got Rhythm/サンタが街にやってきた/勝負パンツ/
凸凹道を歩くんだ/歌を歌おう

「終わって握手会をやります」と言っていたものの握手を求める人などあまりおらず(笑)
大体CDやグッズも売ってないのに握手会って何さ。
かぴやまは2人に手を引かれて3人の前へ。
いきなり「誰派ですか?」とがーすけ君に聞かれてビビる。
だ、誰派とかあるんや!(笑)
まぁとりあえずわょしさんのファンですと告白してきました。
しかもわょしさんのファンですと答えたにもかかわらず
えいじろ〜君にベースの事を色々聞いてしまって全然わょし君と喋れず…。

それにしてもホントに今日のえいじろ〜君の機嫌が良くて良かった!
背が低いんですけど私でもアップライト弾けますか?って質問したら
わざわざ楽器を持ってきてくれて、楽器を持たせてくれて、弾かせてくれて
楽器の隅々まで説明(つーか自慢?)をしてくれて
弾くコツやら練習方法やらを細かく教えてくれてホントに参考になりました。
あぁ〜もっとアップライト欲しくなっちゃったぜ!
だってえいじろ〜君のアップライトはセールで10万弱だったってよ!安いじゃん!
もう頑張って練習するぜい!エレキベースだけども…。

そのあと佐賀にも柳川にも来ていたという2人の女の子とお話をしました。
BBBBのファンらしく今度の神戸にも行かれるそうです。いいなぁ。
佐賀ですごい踊ってましたよねぇ〜と言われました…見られとる(笑)
実はいつも傍で踊っているらしい事が判明。
BBBBの話で盛り上がってたのに1人寂しげながーすけ君が入ってきて話が途切れる。
あぁ〜ん、もっとBBBBの話聞きたかったのに!(オイ!)
BBBBの話をするのもアレなので、先日の佐賀の話やらCD-R作って来て下さい
なんて話を色々しまして、おいおいいつ帰ればいいのよ!という雰囲気になり
無理やりにさようなら!と言って立ち去る。
その際Oちゃんの靴が脱げ見事なオチをつける。
それを見たがーすけ君が「あれ今度使おう…」と言ってました。
あなた達はコミックバンドですか?(笑)

とにかくまた来月キャナルであるらしいので楽しみですね。
今度は2回見れるといいなぁ。
まだ私スーちゃん聴いた事ないんだもん。
その女の子達もまた来るそうなので、その時に神戸の話やらを聞けたら嬉しいし。

ホントに音楽を愛する人は素敵な人ばかりだなぁと
イルミネーションにも負けないキラキラした気持ちになりました。
と言いつつ、腹が減ったと即行お好み焼きを食べに行きましたが。
所詮花よりだんごな乙女心かな(もう乙女という年でもない)

明日は1日練習に励みたいと思っております。
LIVE04 | 23:59 | author かぴやま | - | -
sembello@福岡ブルーノート
何つーか傷心?横っ面をはたかれた感じ?
そんな気持ちでいっぱいですが
ライブ自体はもう泣きそうに良かったので頑張って書きます。

sembelloの2ndステージに行って来ました。
8:45分開場だったのだが早くついてしまって
8時にブルーノート前に並ぶ。
私達の前には数人がもうすでに並んでいた。
会場から洩れ聞こえる音にウットリしながら座って待つ。
店の人が出入りをする度に音が大きく聞こえ
ある時には邦さんらしい声も聞こえる。「ベース、Tatsu!」
マ、マジでか?空耳かぁなぁと思いながら
入り口の「TODAYS ARTIST」を何気に見ていると
「田中邦和 沖祐市 Tatsu」と書いてあるではないか!マジでか!

8:45に開場。
どちらのお席がよろしいですか?と言われたので
じゃぁ前の方で!と答えたら、あろう事か1番前に案内されてしまった。
もおう…何てこった。
ブルーノートの1番前ってホントに凄いじゃないっすか。
ホントにそこに、目の前に立つじゃないっすか。

ドリンクを注文したりしていたら、普通に邦さんやらTatsuさんやらが
普通に歩いていてビビる。もう…出演者としてもっとこう…。

まずは沖さんと邦さんの2人で登場。
うわっ近い…。ライブハウスで近いのとは訳が違うというか
ステージの高さがほとんどなかったりだとか
客のテンションの違いだとかでやたら緊張してしまいました。

沖さんが鍵盤を弾いてる姿を見ていると
この人は鍵盤がなくなったら死んでしまうのではないかと
心底そう思う事があるのです。
沖さんの前には鍵盤がある事が正しい事に思えるのです。
ちょっと前の沖さんのコラムで「もし音楽に出会っていなかったら
犯罪者になっていたかも…」というような事を書いてた事があったけど
まぁそれは大げさだとしても、ちょっとホントかもしれないとも思うのです。
それくらい、今日も顔をくしゃくしゃにして、歌いながら
本当に楽しそうにピアノを弾いていました。
途中「いやぁ〜楽しいねぇ」って胸の奥から吐き出すように言っていたけど
それは邦さんやTatsuさんと演奏する事もそうだし
お客さんの気持ちの良さそうな顔を見るのもそうだと思うけど
やっぱり根本的にピアノを弾いている事自体が本当に楽しいのだろうなと思いました。
ブルーノートのピアノは良いピアノだし。
私もピアノを習っていたけどもホントに心底練習が嫌いで、
いつも泣きながら教室に通ってました。
私もあんなに弾けたら楽しいだろうなぁと…。

邦さんのテナーはもちろん最高に素敵な音色を奏でる訳ですが
ビックリなのはテナー以上にソプラノです。
以前素敵な音色を出すのはテナーよりもアルトが
難しいんじゃないか?って事を書いて
MONKYさんのアルトが凄いという事を毎回言ってますが
アルトよりさらにソプラノが難しい気がするんです。
あの細い楽器から深い音を出すのって至難の業のような気がする。
どうしても多少薄っぺらな音になりがちです。
でもでも邦さんのソプラノからは何とも言いようのない
魔法のような音が出てくるから不思議です。
時には枯れた甘い低音と、そして時々キラキラッと光る音があって
その度にドキッとして邦さんを見てしまいました。
う〜ぁ〜地団太を踏みたい気分。やられた感満載。

そして途中で登場のスペシャルゲストのTatsuさんですが
……もう完全ノックアウトです。
Tatsuさんが登場し、音をひとつ鳴らし始めてから
完璧にTatsuさんの両手しか目に入らないくなりました。
私はベースという楽器を分かっているつもりで全然分かっていなかったのかも。
私はバンド楽器の中でも昔からベースが好きで
それは何つーかボトムスを支えてる感じだとかリズムの柱となっている感じとか
ちょっと渋い縁の下の力持ち的ポジションや音が好きな訳ですが
今回のTatsuさんのベースはただのリズム隊でもなく、ただのボトムスでもなく、
ちゃんと横一列というか、メロディーとなっているというか…
あぁ何と言って良いのか…言葉が見つからない。
平たく言えば時々Tatsuさんが弾いている楽器がギターに見える時がありました。
ベ、ベースでそのフレーズは普通弾けないだろ?ってな。
そ、その指は何ですか!そしてその音は何ですか?と
色々な技が目の前で繰り広げられ、目を丸くする。
オイオイ、今和音だったよね?確か…。長介弾き出た〜!!
2曲目くらいまで息をするのを忘れていて「はぁ〜」と深く息を吐いたら
Aちゃんに笑われました。息を呑むとはまさにこの事。
しかも弾いてる顔がクールだからまた凄い。

そんなこんなで三者三様にもの凄い事をとても楽しげにやっている。
何だコレは!何だか分からないけどスゲーもの見たぞ。
感情が高まりすぎて泣きそうだとか、この感動を上手く言葉に出来なくて悔しいとか
色々な感情がわぁ〜って押し寄せてきて困った。
はぁ1時間くらいのライブで6000円はキツイぜと思ったけど
コレは全然見るべきものであったと。ホントに素晴らしかった。

感動に浸ってるおいら達をとんだハプニングが襲って
それはそれは今とても悲しい気分だけど
それもすぐに忘れてしまうだろう。忘れてしまいたい。
ただ、私らのここ数日の悩みだとか勇気だとかを返せと。
しかも私が欲しかった答えと違う気がする…。
お前なんかひざまでロールアップになっちゃえ!(大人げない)

まぁまた明日ちゃんと…多分。

AちゃんとOちゃんは明日長崎までBBBBを見に行くんですが
私は体力とお金が限界なので行きません。
つー事で嵐のライブ週間も終わり
あとはひたすらに給料日まで我慢の人となりまする。
LIVE04 | 23:57 | author かぴやま | - | -
BBBB@佐賀RAG・G
仕事終わってAちゃんの車で佐賀まで。
開場がかなり押しました。
しかもイスに座るスタイルとは聞いてないぜ。

ライブ前にドリンクを取りに行って、BBBBのグッズやらCDが並んでるのを見て
「あ、ジャンセクのCDがないじゃん」ってホントに小声で
Aちゃんにボソッと言ったら、関係者らしき女の人に
「すいません、売り切れちゃったんです」と言われて恥ずかしかったです。
恥ずかしいついでに「次のキャナルまでに出来ますか?」と聞いちゃいました。
おいおい、キャナルは来週ですぜ!(笑)
リーダーに聞いておきますと言われました。
頼んだぜ、リーダー!(リーダーって誰?がーすけ?)

最初のバンドはSOという地元のバンド。
確かサンセットにも出てたはずなんですが(ビーチステージの方ね)
私は多分大きいステージの方にいたので見てないです。
全然知らないし、特に期待もしてなかったんですが
これがなかなかの拾い物でしたね。
ボーカル&ギターとギター、ベース、ドラム、キーボード
パーカッションの6人のバンドで色々なスタイルの音楽をやってました。
1曲目はbonobosっぽい感じもありつつ、素敵なサウンド。
一音鳴った途端に3人で顔見合わせましたもん。「いいじゃん!」って。
他の曲は堂島君のような、フォークのよう感じでもありつつ。
ボーカルの人の声も好きな感じだし。
ギターのぺぺって人がなかなかのテクニシャンで。
パーカッションの人の言う事がボソッと面白くて。
また何か機会があったら是非見たいです。
ただ隣の地元ファンらしい人がうるさくてうるさくて
何度か殴りそうになりました。このS・A・G・A佐賀っ子め!
(ホントに大人気ないよ、この人は)

次はJunk Section
もうねぇ音響が最悪でしたね。
えいじろーがキレてましたもんね、完璧に。
元音響さんのAちゃんがそれ以上にキレてましたけどね(笑)
ずっとベースから変な音出てましたからね。
ホントに可哀想なジャンセクでしたけどね。やっぱり可愛いですよね。
トークはいつものようにカラ回ってますけどね。そこもまた良し。
I Got Rhythm/ゆでたまごみたいなおっぱい/勝負パンツ/
はじめてのチュウ/まだ雨は降っている/サエナイ男と派手目の女/

こんなもんかな?もっとやったかな?
個人的に次のキャナルのライブの時にはSweet Sue, Just Youが聴きたい。

そして最後はBBBBです。確か最初に今年の見納めと言ってから2回目のBBBBですが(笑)
今回ホントに今年の見納めです。最後のワッショイ。
イスやテーブルを左右にどけて全員立つ。
出遅れて後ろの方になる。あぁ〜ん!
いつものように後ろの入り口からマーチングで登場。
客席の真ん中がパカっと十戒のように分かれる。わぁ〜い近くで見れた。
この前Aちゃんがペットやってます!って言ったのを覚えてたのか
全然たまたまか知らないけれどKOOさんがAちゃんの前で止まってずっと吹いてました。
それから狭いからANTONさんが横歩きなのが面白かったです。
そしてまたIGGYさんを見れない俺…意気地なし。

さすがにお金を払ってるだけの事はあって、あの曲が聴けました。
我らが超〜加納さんがギターで参加のあの曲です。KOOさんが歌ってました。
おぉ〜この調子でいくとパラダイス因果も聴けるかも!と思ったけどやらなかった。
聴きたいよ〜!聴きたいよ、パラダイス因果。
でも東京の恋人はもう今まで聴いた中で1番素敵でした。
MONKEYさんのアルトも、特に後半の部分がホントにスゲー事になってたし
何よりKOOさんのソロがビックリする程良くてねぇ。
IGGYさんはソロの時直立ですよね。NARGOさんと一緒だ。
楽器を吹いてない時の方が表情豊かだから不思議だ。
そして発見したのだけれど、どんなに1番前で見ても
IGGYさんって客席見ないなぁと思ってたら遠くを見てる人なんだと。
おかげで目が合ったような錯覚に陥り、内心キャーと思ってました。

MONKYさんはいつも一生懸命ですごい好感が持てますよね。
楽器を吹いている時も、タンバリンを叩いてる時も声を張り上げる時も
もうあなたをパーマ呼ばわりしたりしないわ!(してるやん)

ワッショイももちろん全力でやりました。
となりでSOのぺぺって人がめちゃくちゃ楽しそうに踊ってて
オイオイ、ペペ!ギター弾いてる時無口そうでカッコ良かったのによ〜と
まぁおかげで楽しかったけど。

お決まりのセカンドラインは今回5つに分かれまして
YASSYさんチームとMONKYさんチームとKOOさんチームとIGGYさんチーム。
アレ?ひとつ足りない…つー事で客席の端でジャンセクの皆さんが見ていたので
5つ目はジャンセクチームとなりました。
私はIGGYさんチームに入りたかったけど、KOOさんチームで頑張りました。
しかも今回はちょっと高度に手を叩きながらジャンプをするという。
ステージから見るとウェーブみたいで綺麗なんだそうですが
やってる本人達は手を叩きながらジャンプする事に懸命です。
練習の時にIGGYさんがリズムを間違えて「あっ」って言って照れてました。
うんも〜可愛いんだから〜。
そして最後の叫びは「佐賀牛」
「タ〜ンタタタンタン、佐賀牛!」「タ〜ンタタタンタン、佐賀牛!」
一生懸命「佐賀牛」と言ってるIGGYさんがこれまた可愛い訳です。

アンコールは再びステージを降りて客席で演奏。
おかげで1番前で見れましたよ。
そしてほんの近くでANTONさんの高い声を聞く事に成功した訳です。
いやいや、これは縁起物ですから(笑)
そしてやはり横歩きのANTONさんなのでありました。

あぁ楽しかったなぁ。来年もたくさん見れると良いなぁ。
そうだ、4,5月に九州ツアーを計画してるらしいので
また色々美味しい食べ物を食べつつ色々なところに行けるといいなぁと思いました。
そして、パラダイス因果を絶対聞いてやる!

BBBBのおかげでホントに楽しい一年だったな。
心から7人にありがとうを。

俺的MUSIC意外な反応に多少ビビっております。
しかしながらやはり非常に嬉しいです。
LIVE04 | 23:59 | author かぴやま | - | -
キングブラザーズ/デキシード・ザ・エモンズ@CB
4連続ライブ最終日。
サンセットで恋をしたデキシーに再会です。
最初は「あぁアレ?サンセットマジック?」「スカパラ3日間行ったからなぁ」
と思ってノリきれなかったのだが、徐々にきた!やっぱりデキシーは凄い!
しっかりした演奏技術と、変な顔と最高のパフォーマンス。
そして心底アホなMC。笑いが止まりませんでした。

今日はプーヤン側に立ってみたんだけどおかげですっかりプーヤンの虜です。
サイケなピチピチシャツにムチムチボディーを押し込んで。
何で貴方はそんなに可愛いのですか?
バナナマンの日村さんから気持ち悪さを抜いて(笑)可愛さを凝縮させた感じ?
メンバー紹介の時に「ププププププププププーヤンで〜す!」って言ってました。
あと途中音が止まって3人で「シーッ」ってするところが特に可愛かった。
胸を押さえて緊張してる風なジェスチャーをするプーヤンに釘付け。
あとは3人揃って変な顔をするところで
一生懸命、変な顔をするプーヤンがまた可愛い。
そして川上さんとは違って丸っこい短い指なのに
めっちゃカッコ良いベースを弾くのですよ彼は。
福島県人らしいです。

ハッチはねぇ〜もうやっぱりカッコ良いっすね。
さらっと天才というか、明るく天才というか。
メンバー紹介ではあのフレーズ
「海はよ〜〜〜〜〜〜♪もう一回!海はよ〜〜〜〜〜〜♪
でお馴染みのハッチブラックボアモアです!」
「俺らはずっと喋り続けてるんですよ。5時間車で移動すれば
その間5時間ずっと喋りつづけてるし、
リハーサルが終わって本番まで喋ってるでしょ?
で本番終わって打ち上げとかでまたずっと喋ってる。ということは
ドラムを叩いてる以外はずっと喋ってる訳で、と言う事はドラムを叩いてる
時は喋るのを休んでいるという訳だな、これは」
と講演をしているかのように喋る。
ドラムから離れるし、スティック投げるし、バカ過ぎる。
でもドラムは上手いのよね〜。
ハッチの歌はやっぱり好きだしね。明るく楽しくバカ騒ぎ。
最後やっぱりドラムほっぽりだしてジュリーのマイクで歌っちゃって
ダンスして、クルクル回って、非常にアホでした。
ハッチって誰かに似てるんだよなぁ。
イチローのような中田のような…。とにかくさらっと天才顔です。

ジュリーはアイドルでした。
ボーイスカウトの如き首のバンダナ?
変な顔、そしてMC。内容は全然覚えてないけど
とにかく爆笑しっぱなしでした。何回も鼻かむし。
「あぁ照明そんなに暗くしなくて良いですよ。僕達顔が売りですから。」
「こんなところに来ている貴方達はきっと会社でも浮いた存在に違いありやせん。」
というフレーズを何回も言ってました…確かに当たってるからイヤ(笑)
普通の人は見に来ないよな、デキシーとキンブラ。
「熊本の情報誌に女の子がたくさん載ってるページがありまして
そこから好みの子に丸を付けたりして。キングブラザーズにも聞いてみたら
面倒くさそうに、且つ真剣に選んでました」
その他諸々…。
そしてギター上手いし、顔に似つかわしくない声だし。

3人が3人とも非常に素敵なバンドです。
でもまぁ評価は分かれるだろうから、あんまり絶賛するのもアレですが。
実際見て何だよ!全然ダメじゃん!と思っても責任は取れませんよ。
1つ言えるのはCDとは違うって事です。まぁどの音楽もそうかもしれないけども。


キンブラ!凄かった!度肝を抜かれました!色んな意味で。
でも最大に致命的なのはマーヤが飛石連休の石見君にソックリなところです(笑)
めっちゃカッコ良くギターを掻き鳴らしても岩見君に見えてしまいました。
動きの速い岩見。大声を出す岩見。覇気のある岩見。遠くで見ても近くで見ても岩見。
いや〜それでもベースなしであのサウンドはスゲーですよ。
しかも結構若いんでしょ?あの人達。

多分ね、最初客のノリが悪くて。
よく考えたらどういう客層なのか分からないんですよね。
デキシーのファンは圧倒的に女の子が多いような気がするし
キンブラのファンはゴリゴリに男の子な感じだし。
まぁとにかくキンブラになったら男の子が前の方にガーと行って
私達は後ろの方でもてたんだけども
前の方の反応も微妙で、だって何かレスポンスを求めてるらいしんだけど
何言ってるか聞き取れないし、後ろのギターがうるさいし
だからイェーイ!とかもあんまりなくてシーンって感じで。
そしたら降りてきましたよね、やっぱり。ボーカルの人だけじゃなくマーヤも。
客席はステージと化し、2人を客が囲む。かぴやま怖くてもっと後方に下がる。
Oちゃんとマーヤが顔を見合わせて踊っているのを見て爆笑。
マーヤはクルクル回りながら客に顔を近づけて踊りまくるのであった。
それでもやっぱり岩見なのだった…。
でもそのおかげで盛り上がって来たのさ。

黒いスーツに細いネクタイ大好きです!あれだけでカッコ良いですもんね。
ドラムの人は上半身裸だったけども。
曲はねぇすげーカッコ良くてね。
ボーカルが歌だけ歌ってギター弾いてない時って
ホントにギター1本とドラムだけになるじゃないですか?だのにあのサウンドだもんなぁ。
ただ基本ガナるボーカルは好きではないのでいっそボーカルなしでも良かった。
それくらい音はカッコ良かったです。
それにしても1曲が長いよ。そしていつ終わったか分かんないよ。

後半になってハッチがすぐ側でビールを飲みながら見ていたのでドキドキした。
途中デキシーのポスターが剥がれたのを貼り直したり
キンブラの音にあわせて、そのサウンドに似つかわしくない踊りを踊ったり
ファンともめちゃくちゃ陽気に話をしていて何処まで行ってもハッチって感じでした。
あれは多分躁病なのだと思います。

ジュリーは控え室の側で真剣にキンブラのステージを見つめていました。
ステージとは全然違う顔を覗かせていました。
ただ最初地味すぎてジュリーだと気付きませんでした。
それはステージをおりた堂島君のオーラのなさに匹敵する凄さです。
プーヤンはドリンクバーにビールを取りに来てちょっとステージを見ていたけど
すぐに控え室に引っ込みました。きっとお腹が空いたんだと思います(笑)

ちゃんと書こうと思ったけどやはり面倒臭くなったのでこの辺りで終了。
まぁやる気になったらちょこっとずつ…多分書き足さないとは思いますが。
LIVE04 | 23:43 | author かぴやま | - | -
TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA Autumn-Winter Tour 2004@DRUM LOGOS
3日目です、最終日。
昨日の帰りにTさんとバスの中で「あと聞きたい曲ある?」って話をしてて
2人で「Howlin' WolvesとThe Last BandoleroとTOO HIP! GOTTA GO!だねぇ」
って話をしてたんですが、2曲やりましたよ、WolvesとBandolero
誰か私達に盗聴器を?(笑)
私達が聞きたい曲ってのはみんなも聞きたいって事なんだろうな。
今日のセットリストは1日目に似てる感じでしょうか。

スカパラライブ前にAちゃんの堂島チケットを売りに百年蔵まで行ってみたんですが
誰もいませんでした(笑)完売してるんだから誰か1人くらいいると思ったのにね。
とりあえず、リハーサルを1曲ちらっと聞けたので良し。
そしてそれ聞いたらめちゃくちゃ見たくなった訳ですが
後ろ髪を引かれつつロゴスへ。

今日は再び前で揉みくちゃ。冷牟田ポジション3列目辺り。
好きでこのポジションにいた訳じゃ…。どんどん流されたのさ。
今日はね、近すぎてあんまり見えませんでしたね。
煽りに来る加藤さんとかGAMOさんとか北原さんとかが見えるくらいで
あとは隙間からチラチラとメンバーが見える程度。
あとね、横の女の人ね、ニットはやめてよね。口に毛が入って大変だったよね。
途中そんな状態に萎えつつ後半意地で盛り上がる。

あんまり見えなかったし、明日は早いので短く。
って今の段階でちょっと長いですが…
・ストローク、大森ソロ笑顔。
・加藤さんメインの新曲が恐ろしくカッコ良い。
・谷中さん3日連続「チャック開いてるんだよね」
・世界地図前欣ちゃんMC「明日はまた違う街に行くよ」
・フィルムメーカーズ…好き。沖さんの口笛。
・雨の軌跡のNARGOさんソロは凄い。そしてホーンで終わるのも凄い。
 大森さんのマラカスも大好き。ベースのラインも相当好き。
 あの曲は歌がなければ完璧なんじゃ?と思うの(オイ!)
・川上さんやっぱりエレキもイイよね。ガニ股で弾くとこが好き。
・あれだよ、アップライト弾く時は大人の男の顔なんだけども
 エレキの時はガキんちょみたいな顔してんのね。
・ルパン、今日もビブラスラップなし。
・アンコールMC、谷中さん「博多に来る時は体が3つくらい欲しいよね」
 それどう考えてもライブ終わってからの事じゃないの?(笑)モテる男は辛いっすね。
・アンコールMC、加藤さん「オチ決めてなかった(ニカッ)
 来年サンセット絶対来ます!って俺らが言っててもダメなんだけど」
 いやいや全力で投票しますがな。
・大森さんMC…3日連続喋りましたね、あなた!
 「もし東京を追放されるような事があったら博多に住みたいです」何する気ですか?
・GAMOさんMC「笑顔はいいよね」勝手の武藤さんに喋り方似てない?
・モンスターで冷牟田さんが左右に歩き回る…マジ感動!元気になり過ぎ!
・3階からの加藤タオルを待つ。…あ、な〜んだ谷中さんのじゃん。
・3階から北原さんがボーンのスライドをピロピロしてくれた。

羽深さんの体操着入れみたいなのはカバンじゃなくてカメラ入れだった(笑)
そして彼の声がANTONさん並に高かったのでちょとショックだった(笑)
いやぁ〜大森さんみたいな渋い声だと思い込んでたので。「ちょっと前失礼しま〜す!」
トラヴェラーズの顕さんが来てたよ〜!革ジャンがカッコ良かった。
来年はサンセットでスカパラと同じステージですね!(勝手に決めている)
堂島君は見かけなかったけど、あとで合流したのかな?
ワゴンの助手席にNARGOさんが乗ったのが笑った。
あぁ後ろじゃないんだ…そういうポジションの人なんだ…。
しかもなかなか乗り込めないし(足が短いらしいの…違う!小柄なの)
沖さんはギブスは外れてたけどまだ足を多少引きずってて痛々しかった。
欣ちゃんは手を振ってくれたよ。素敵な人だな。

3日間の印象としては冷牟田さんがめちゃくちゃ元気になってるって事ですよね。
もうギター持ってガンガン前に出てくるし。歩き回るし。それが凄く感動した。
私が初めて見たソロのライブの時は途中退場してたんだもんな。
あと川上つよしはカッコ良すぎますよね。
心底楽器を練習しようと思いました(指の長さが違う)
あとやっぱりライブ終わりには加藤さんにやられてる訳ですね。
でもこのツアーの加藤さんはホントに恐ろしくカッコ良くなってますよね。
大人の男って感じ。でもずっとクールにカッコ良かったから
あの最後のMCの笑顔が相当良かったです。あぁ加藤さんだ!って思いました。

あとは来年出るであろう新しいアルバムがかなり凄そうだと。カッコ良さそうだと。
どれだけ次々に曲ができるんだとお尋ねしたい。
あ、初日に買ったのにやっと今日聞いた「さらば友よ」
カップリングのNARGOさん作曲の曲が
Tさんの言っていた通りまたパジャマデオジャマな感じでした。

私の大切なドクターマーチンが傷だらけになったけどそんな事はどうでもいい。
落ちないようにお腹に入れていたハンチングの肌触りが
違うものになってしまっていようと(笑)そんな事もどうでもいい。
何かこんな事谷中さんが言ってなかったか?ライブ終わりは谷中化してしまうな、これ。
チャックが開いてたって、そんな事はどうでもいいって(実際どうでも良くないし)
ただ、このめちゃくちゃ好きな気持ちとかおかげで人生が楽しい事の感謝の気持ち
とかをすっごく伝えたい訳ですよ。
この気持ちは45℃な訳ですよ。原稿用紙100枚でも全然足りない訳ですよ。
でも別に話す術もないし、話したところで緊張して何も言えないだろうし
だからこの気持ちをね、ライブにぶつけたい。
貴方達の音楽でこんなにテンション上がっちゃってますよ!っていうのを見せたい。
こいつら盛り上がってんなぁ〜。すげーアホな笑顔だなぁ〜。
眉毛消えてんじゃん、バカだなぁ〜って。
まぁ見せたいっていうか、もう踊ってるっていうか。
音がなれば踊らずにはいられない体となっている訳ですが。
そしてこの人達に負けないように明日からも幸せに生きて行こうと心に誓う。
そんな3日間でした。

と、言いつつ明日もライブ。
デキシー&キンブラでございます。
明日も魂と魂の交換を(by谷中)

さすがのOちゃんもあの揉みくちゃっぷりに
全くセットリストの記憶がないそうですが
それでも無理やりにメールを頂きました。

全く不完全なセットリストのようなもの(順番も曲も合ってるかどうか分からない)

ストローク ナッシング スカミー 谷中MC 新曲 リオ ウルブズ 新曲
欣ちゃんMC 世界地図 SMILES 北原MC さらば友よ コブラ ナッティー
エンブレム Bandolero 新曲(加藤テケテケしてる)フィルムメイカーズ
ドランカード ナーゴMC 雨の軌跡 テキーラ ルパン ダウンビー
アンコールMC(谷中→加藤→大森→GAMO)モンスター
LIVE04 | 23:59 | author かぴやま | - | -
TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA Autumn-Winter Tour 2004@DRUM LOGOS
今日も行ってきましたよ。
スゲー雨で会場に入るまでかなり萎えたけど。
予定通りガン踊り。腹の底から雄叫びを上げてきました。
早く書こうと思ったのにスペシャのブランキーに見入ってしまって遅くなっちゃったわ。
とりあえずのとりあえずアップ!
多分書き足す事はない…というかこの時点で死ぬ程長い…
のでさすがに続きを見る方式にしてみようか?

1時からラジオだと聞いていたので、11時に起きてみる。
すると9時にOちゃんからメールが届いていた様子。
何か夢の片隅で谷中さんが叫んでいた記憶がある。
Oちゃんからメールが来ると携帯が谷中さんの声で「本当に最高だ!」と言うのだ。
ただOちゃんが隠れヤナカーだというだけでその着声にしたのだけど。
Oちゃんから1番良くメールが来るので谷中さんがいつも吠えている。
メールを見ると「ラジオ12時からだった」と書いてある。
今から準備したら出掛けられるのが12時じゃん!と思ったが
ココは気合のダッシュだ!と焦り気味に準備をし12時20分くらいに到着した。
……誰もいなかった。もうスカパラの出演は終わっていたのである。
そして私以外のメンバーも来ず、家でラジオを聴いていたという。ガーン…。
途方に暮れていると谷中さんと北原さんが出て来た。
すぐにタクシーに乗り込んでしまったけれど、ちょっとでも拝めたのが
少しもの救いだろうか。
北原さんのフレペのリュックが可愛かったです。北原さんはいつもオサレさんですね。

家でラジオを聞いていた人の話によるとサンセットの話をしたようで
来年は絶対サンセットに出るらしい。
冷牟田さんも絶対スケジュールに入れろと言っているらしい。冷牟田竜之の言う事は絶対!
エゾとサンセットは絶対出るんだって。わ〜い!
そういう訳でサンセット確定です。また入場規制がかかったりするのだろうか?
つーかつよムーもセットで頼むよ。できればsembelloも頼むよ。
sembelloが来るのならブラックベルベッツも頼むよ!(笑)

コレから出てくるというOちゃんをタワレコで待つ。
広島本2を買いに来たのに何故かROSSOを一緒に手にしている自分。衝動買いが過ぎる…。
タワレコお馴染みの手書きの紹介文にチバさんと照井さんの写真が貼ってあって
照井さんに吹き出しが付いており「チバ君髪長いよ」と書いてあって面白かった。
「1000のタンバリンを打ち鳴らしたような星空」て部分が
今年聴いた曲の中で5本の指に入る好きな歌詞。
最初欣ちゃんのラジオで聴いた時に心底スゲーって思った。
あと4つは…まぁ後々。

Oちゃんと合流してパスタなどを食してマッタリ。
途中Aちゃんとも合流して4時過ぎにロゴスへ。
雨の為、公園に並ぶ訳でもなくその場で雨に打たれながら待つ。
開演前30分くらいにメンバーのスーツがクリーングを終え到着してた。
ギリギリじゃん!朝出して夕方バッチリ!ってヤツですね。
あぁ北原さんはまたピンクのシャツなんだね。シャツくらい着替えはないのか?
Tさんが来ない…。開場10分前にOちゃんが電話をしてみる。…家にいると言う。
オーイッ!!と3人で欣ちゃんばりのツッコミをいれる。1時間間違えとるがな。
とりあえずチケットはこちらにあるのでOちゃんが残り、
Aちゃんと私が先に入って場所取り。
2段目の段の1番前を死守。でも右側しか残っていなかった(でもって何よ?)
私は加藤ファンのAちゃんの為にライブ終わりに
3階から加藤さんが投げるタオルを獲る事を心に誓う。
やっと2人がやって来て、ドキドキしながら待つ。雨の為30分押しとなった。
続きを読む >>
LIVE04 | 23:59 | author かぴやま | - | -
  • 1/6PAGES
  • >>